穏やかに平和に暮らしたい、そんな私の日々の断片(食中心)。結婚して09年4月に渡仏し、ビビリながらの生活風景をありのままに。


by onenote_fr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:昼( 54 )

甘いもの



この4年の間に日本へ帰国したのは3回、いずれも夫と常に一緒です。
二人とも甘いものが大好きなのでいろんな場所で和洋問わず食べてきました。

外国人は甘いあずきが苦手だという話をよく聞きますが、
(あずきは料理に使うので甘いことに違和感があるらしい)
夫は大好物!たい焼き、あんみつ、ぜんざい、なんでもござれです。

中でも大好物なのは夫が「Poisson gateau(魚のお菓子)」と呼んでいるたい焼き。
フランスでも日本食を扱うお店で冷凍で売っているのでみつけた時は
目を輝かせて「買いましょうーっ!!」と嬉しそうにしてました。

そうそう、ここ数日前からフランスは気温が落ち着き、上着やストールが必要です。
だからなのか、久々に日本で撮りためた画像を整理しがてら
上の動画に使ったたい焼き画像を見て以来
熱々の焼きたてのたい焼きが脳裏をちらちらしてしまいます。
日本はまだまだ暑いかな?
[PR]
by onenote_fr | 2013-08-27 01:12 |
f0172583_16431153.jpg
クロックムッシュー、パンにハムとベシャメルソース、チーズを乗せてオーブンで焼いたもの。
もう少し焼き色がついてると良かったなぁ~。
我が家のトースターはポップアップ式なので、
こういうのはオーブンの遠火で焼くしか方法がないのだ。
いや、庫内のトレーの位置を変えれば良かったのだが思いつかなかったのだ・・・

ベシャメルソースは電子レンジで簡単に作れる。
バターと小麦粉を入れてレンジにかけ、混ぜながら少しずつ豆乳を加える。
牛乳ではなく豆乳を使ったら思った以上にとろみがある濃いソースになるみたい。
ラザニアに使う場合はサラサラの薄いのがいいけど、パンにのせるなら濃いほうが使いやすい。

夫にもお弁当にクロックムッシューとツナマヨサンドを持たせ、今回もお米節約なのでした。
[PR]
by onenote_fr | 2011-08-26 16:54 |

ベーグルサンド

f0172583_17113016.jpg
夫のお弁当にベーグルサンドを作ったついでに自分用も。
ひとつはクリームチーズ、レタス、ベーコン、トマト、アボカド、ゆで卵をサンド。
ふたつ目はスライスチーズ、レタス、人参サラダ、アボカド、ツナマヨ和えをサンド。

ベーグルは冷凍食品で、何も挟んでいないシンプルな状態で売ってあるのを使用。

f0172583_17143061.gif

[PR]
by onenote_fr | 2011-08-17 17:17 |
f0172583_1631318.jpg
私はクリームソース系が好きなんだけど夫はトマトソース系が好き。
なので、食料ストック棚のカルボナーラ用ソースは使われないままだ・・・
[PR]
by onenote_fr | 2011-08-08 16:35 |

最近のお弁当

f0172583_16243523.jpg
トマト・ベーコン巻きが好評でした。

f0172583_16254174.jpg
白菜の漬物付き。

f0172583_16261830.jpg
竹輪の磯辺揚げ♪
[PR]
by onenote_fr | 2011-08-08 16:27 |

今夏初冷麺

f0172583_15532644.jpg
ゴマだれも好きだけど、さっぱりとした酢醤油だれも好き。
というか、酢醤油だれの方が作りやすいという理由もあるけど。

冷麺用のマーブル卵は簡単!レシピはこちらっ
藤井恵先生のマーブル卵
[PR]
by onenote_fr | 2011-08-08 15:58 |

月曜日のお弁当

f0172583_16495637.jpg
基本的にお弁当は前日の晩に用意してます。
日曜日の夜は週末が終わる事を憂いながらお弁当のおかずを作ります・・・
なんつって「憂う」などと少しかっこつけてみました。

週末は時間に余裕があるのと、日曜日の夜にすることってそう思いつかないから
「お弁当のおかずでも作るかー!」という気分になりやすいってのが正直なところです。

でもって「今週は頑張ってオールお弁当にするぞー!」と張り切っているのはこの日だけ・・・
週の半ばは「明日はお弁当なしでもいい?」と夫に聞いて「Si tu veux」とそうしたければ的な
返事なんだけど、心の裏では「本当は作って欲しいんだけど」と思っているだろうに
言葉通り(こんな時だけ)素直に受け取るグウタラ嫁です。

お弁当の内容
 ・鶏胸肉の甘辛煮
 ・鎌田の出汁醤油使用の玉子焼き
 ・赤パプリカのレンジ蒸し
 ・緑の野菜とベーコンの炒め物ウェイパー味
[PR]
by onenote_fr | 2011-07-25 17:00 |
f0172583_522330.jpg
冷凍食品専門店PICARDのレンジでチンシリーズ、
手軽さと食欲をそそるパッケージについ手が伸びてしまいます。
画像は中国料理として売られているエビチリ、美味しそうですよね。

f0172583_5242829.jpg
箱の中は凍ったままのエビチリとご飯。
フィルムを剥がしてレンジで温めればすぐに食べらるって本当に便利~♪

f0172583_5262952.jpg
温めるとこんな感じに。エビチリは程よいピリ辛加減。
ご飯はタイ米、ニンニクとショウガで味付けされているようで結構美味しい。
パッケージ写真とは違ってエビの尾は処理されているので食べやすいです。

f0172583_5282229.jpg
ベトナム料理もチャレンジしました。(あ、別の日に食べた画像ですよ、と念のため)
春巻きは日本でもおなじみですよね。

f0172583_5305829.jpg
で、箱から出すとこんな感じでやっぱりきっちり凍ってます。

f0172583_5322724.jpg
春巻きの下には五目焼きそばのような麺が入っていて中央には甘辛い味付けのナッツ類があり、
いろんな食感と味が楽しめてお得感あり。
ベトナム料理自体をあまりよく知らないんだけど、味付けはベトナム風なんだろうか?
それほど癖のあるスパイスを感じず、違和感なく食べられました。

f0172583_5341598.jpg
中国、ベトナムときたらもちろん日本もあります!画像上は巻き寿司セット、
その名も「Maki Kawai」というだけあって可愛らしい(小さすぎ?)サイズ。
パッケージ写真通りの内容で握り寿司はサーモンとエビしかない・・・
巻きセットの方はクリームチーズが具材に使われてたりとやっぱり外国風味。

f0172583_536475.jpg
やっぱり凍ってる~!割り箸、しょうが、わさび、醤油までセットになって至れり尽くせり。
レンジで2分ほど温めてからまた冷蔵庫で20分ほど冷やして食べるんだったかな・・・
ちょっと記憶が曖昧。

f0172583_5383613.jpg
容器から寿司を皿に移す時に崩れやすくてなんとか原型をとどめてる?
巻き具合も甘く海苔も割れたりで扱いがちょっと難しい。
それでも、どうしてもお寿司が食べたい時はこれで我慢するかって感じ。

しかしどれもこれも一食としては物足りないんだよね・・・
PICARDにはデザートも豊富に揃ってるからそれも買えって策略に違いない。(と勝手に想像)

時間がない時、料理を作る気力がない時などはこんな風にラクしてます。
私が思うにフランスのスーパーには美味しそうなお惣菜が置いてなくて
そのかわりPICARDには魅力的な食品が揃ってるようで。(少なくとも私はそう感じます)
コロッケやたこ焼き、そば飯なんかも売ってたらさらにいいのになぁ~。
ってそりゃ無理か!
ではでは、他のメニューも食べたらまたレポしますね。
[PR]
by onenote_fr | 2011-07-14 06:20 |
f0172583_2191315.jpg
一人でカフェやらビストロへ行く機会が今までになく
なんと渡仏2年3ヶ月目にして初めて一人でビストロ経験しました。笑
午前中に用事で家を出て、そのまま次の用事までの間に昼食を取っただけなんだけど
「お一人様」なんて独身以来じゃなかったっけ・・・

画像は「Des Paupiettes de Veaux」薄い牛肉で肉団子を巻いて蒸し焼きにした料理。
いろんな野菜とオレンジやグレープフルーツが入ったソースが美味しかったです。
食事中に店員さんから「美味しいですか?」なんて聞かれてもぐもぐ口を動かしながら
「は、はい」となぜか焦り気味で返事。
他のテーブルにも一人で食事している人はたくさんいました。
でも、一人ってどこを見ていいのやらだし、
やっぱり「美味しいね~」なんて話しながら食事したいなぁ。
[PR]
by onenote_fr | 2011-07-11 02:27 |

誕生日

f0172583_441163.jpg
2月20日は私の誕生日でした。もう嬉しくない年齢・・・
この日のために数週間前からビストロを予約していてくれた夫。
高級なレストランに慣れていない私達は最初からそういうのはパスして、気楽なビストロで
フランスの家庭的な料理を味わいたかった。
そういう思いにぴったりなビストロを探してくれた夫に感謝。

前菜はサーモンのマリネ。ほっこり蒸されたじゃがいもが添えてあって食べ応えあり。

f0172583_4443523.jpg
グラス越しで見えにくいんだけど、夫が選んだ前菜は玉子と野菜のマスタードソース和え。
彩りがきれいで美味しそう。

f0172583_4454767.jpg
メインは二人ともブフ・ブルギニョン。
フォークだけで崩れるようなやわらかく煮込まれた牛肉。
ここでも蒸されたじゃがいも・・・ちょっとお腹いっぱい。

f0172583_4474265.jpg
夫のデザートはマンゴーのソルベ、チョコソースがけ。

f0172583_4483238.jpg
私のデザートは洋ナシのソテー、アーモンドプードルとチョコレートソースで濃厚な味わい。

f0172583_4492088.jpg
場所はパリ15区、La Gauloiseというお店。
来店したことのあるサルコジ氏やアラン・ドロン氏、ジョン・トッド氏などの写真が飾ってあった。

f0172583_4532938.jpg
少し歩けばすぐにエッフェル塔に辿り着く。
こんなに間近で見るのは久しぶり。

シャンパンとワインでちょっぴり赤くなった顔をして二人で寒いパリを歩いた。
途中、急にトイレに行きたくなってパリに住んで2年弱にして初めて街中にある公衆トイレを利用した。
夫はパリに住んで11年にして初めての利用だったそう。
これもまぁ・・・誕生日の思い出に。笑

おめでとう、と言われるのは照れる・・・何年経っても。
それをわかっている古い友達は皆、言わないでくれている。そして私も友達に言わない。
私たちの暗黙の了解、私たちの友達間でのルール。
[PR]
by onenote_fr | 2011-02-28 04:58 |