穏やかに平和に暮らしたい、そんな私の日々の断片(食中心)。結婚して09年4月に渡仏し、ビビリながらの生活風景をありのままに。


by onenote_fr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:夜( 86 )

f0172583_21124799.jpg
今週末にこちらを出発するので、
冷蔵庫内の食材を使い切ってしまいと思ってます。
キャベツは回鍋肉や画像のお好み焼きにと、せっせと消費。
そうこうしてると、週末までに食材がなくなって結局中途半端に買い足すことになりそう。
使い切る達成感が好きなのに・・・うどんやそばで乗り切ろうかな?

ところで、お好み焼き+ご飯という組み合わせは関西人にはごく当たり前。
炭水化物メインの献立だし、この組み合わせが信じられない!という人々がいることに
軽く衝撃を受けたのは大人になってからでした。

お好み焼き+ご飯+お味噌汁で「お好み焼き定食」ですよ♪ 家でもお店でも、です。
何も疑問を持たずに食べていた彼は関西で困ることはないでしょう。ぷぷっ
[PR]
by onenote_fr | 2009-10-21 21:18 |
f0172583_3471470.jpg
ここ数日はよく和食を作ってます。
肉じゃがには、へろへろの薄切り牛肉を使いたいところだけどスーパーには売っていないので
仕方なくステーキ肉を薄くカットしたりして。

f0172583_3532337.jpg
うどんには、ふかふかのオアゲさんを乗せたいところだけど
それもなかなか手に入らないので炒めたズッキーニを乗せてみたりして。

f0172583_354467.jpg
そして握り寿司はサーモンオンリーだったりする。
握り寿司なんて初めて握ったよ・・・


それでも和食はほっとする。
[PR]
by onenote_fr | 2009-10-14 03:56 |

きのこリゾット

f0172583_6345751.jpg
なんだか最近、胃腸の調子が悪いみたい。
口内炎が出来てるし、またそういう時に限って口の中を噛んでしまったり。
明日は歯医者の予約を取ってるって言うのに、こういう時に行きたくないなぁ。
でも、ひょっとしたら口内炎に効く薬を処方してもらえるかも!

リゾットって胃腸に優しいだろうか?
あっさりしたものが食べたいなぁー!と思っても、せいぜいこういうものしか作れない私。
オリーブ油もバターもチーズも入ってしまってるんだよなぁ・・・
きっと胃腸にはあんまり優しくないよね?
f0172583_6442168.jpg

[PR]
by onenote_fr | 2009-10-05 06:46 |
f0172583_231124.jpg
ハンバーグって作るの面倒だと思いませんか?
玉ねぎのみじん切りを炒めて冷まして、パン粉を牛乳で湿らせて、挽肉をこねて、
手にサラダ油をつけて形を整えて、ケチャップやらみりんでソースを作って・・・
ぼんやりしてると焼きすぎちゃうし、ひっくり返す時は慎重にしなきゃ崩れてしまうし。
ポピュラーで簡単な料理なようでいて結構難しいと思う。

今回はとあるサイトで詳細に手順を掲載されていたので、その通りに作ってみた。
ちゃんとよく熱してから中火にして肉を置いて待つこと1分半、
弱めの中火にして返して待つこと1分、蓋をして蒸らして・・・など。

ソースはあらかじめケチャップ、みりん、醤油、中濃ソース、水を合わせておいたし
すりおろした玉ねぎとにんにくも、白ワインも用意しておいた。

こんなにきちんとハンバーグを作ったのは実は初めてだったかも!?
手間をかけた分、今までで一番美味しかった♪
これからもこのレシピで作ろうと心に決めた夜でした。
[PR]
by onenote_fr | 2009-10-02 23:15 |

キノコ和風パスタ

f0172583_595878.jpg
昨日はいつもの頭痛で学校へ行くのは無理だな・・・と口にしたところ
彼が「一度病院へ行こう」と言ったので従うことにしました。
我が家の電話の横に日本語の通じるお医者さんリストがあるのでその中から
内科を選んで電話をしたけれど、今日は先生はこちらにいませんとの事で
別のところへ予約を入れました。
それは義姉のところで、車で小一時間ほどのところへ行ってきました。

義姉は「Médecin Chinois」でつまり鍼灸師をしていて、ここのところの私の体調や
痛い箇所を説明した後、服を脱いでベッドに横になるように言われました。
ベッドのマットは電気で心地よい暖かさに設定されていて、上に使い捨てのシートを敷いています。
ひざは三角形のクッションに乗せてラクな姿勢でいられます。

そして、いよいよ針治療。
20数箇所に針を刺し、しばらくそのままに。
その後、お腹をオイルマッサージ。
あとは目のまわりと首筋から肩をかなり強くマッサージされました。
その日まで首はすごく痛かったけど、その後はとても軽くなりました。
そして、その時は体調をメインに伝えていて、それまで何週間か左足裏の土踏まずがずっと
痛かったのを言い忘れていたのに、針治療を終えるとすっかり痛みが消えていました!

針治療を終えると義姉からはまた別の専門医へ行くよう言われたので、明日行ってきます。
それと、毎日1リットルのVICHYのSt-Yorreというガス入りミネラル水と
寝る前に温かいお湯にはちみつとレモン汁を混ぜたレモネードを飲むように言われました。

今夜の食事は醤油ベースのキノコ和風パスタ。
語学学校の近くで平日にあるマルシェに寄ってみたら、先月キロあたり14ユーロだった
ジロール茸がなんとそこではたったの5ユーロだったので、500グラムだけ買いました。
それで、今夜はマッシュルームとジロール茸を使ってパスタに。
まだまだジロール茸があるので、今度は炊き込みご飯でも作ってみようかと思ってます♪
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-24 22:08 |

ごまだれ冷麺

f0172583_5384399.jpg
ここ数日は肌寒いというよりしっかりとトレンチコートやジャケットが必要なほどで
それらをシックに着込んだ人々が街を行きかうようになりました。
まだ夏気分でうっかり半袖で出てきてしまった人をつい最近まで見かけたけど
さすがに今はもういません。
こちらは寒い季節のほうが長いせいか、冬の装いのほうが得意なんでしょうか?
皆さん夏服より断然お洒落に見える気がします。
秋になってしまったんだなぁもうそんな季節なんだなぁ、なんて思っていたんですが。

ところが、昨日今日と汗ばむほど暖かい!
なので、冷麺を食べるチャンスかな?といそいそと作りました。
今夏は既に何度も作ったけれどそれでも食べ飽きる事がありませんでした。
毎回酢醤油のタレなんだけど、練り胡麻があったので胡麻ダレにしてみました。
初めて胡麻ダレを作ったけど分離するし、本当にこれで良かったのかな?と謎です。
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-19 20:10 |

Le steak haché

f0172583_529482.jpg
ハンバーグのような楕円形に形成されて売っている挽肉。
ステーキは歯応えがありすぎてアゴが疲れる、そんなお婆さんのような私にはこれが良い!
Le steak hachéは、ステーキとハンバーグの間みたいな感じです。

玉ねぎとマッシュルームを炒めてケチャップやらワインビネガーやらで、ソースを作って
見た目ハンバーグみたいな出来上がりになりました。

スーパーに行くと相変わらず彼は勝手にsteak haché用のパックをカートに入れるので
我が家は度々このメニューになります。
焼くだけで手軽でいいんだけどね♪
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-10 05:38 |

Fricassée de courgette

f0172583_22364425.jpg
義母に教わった「Fricassée de courgette」という料理。
Fricasséeはクリーム煮、courgetteはズッキーニのことです。
この料理、砂糖は不使用なのにとっても甘くて美味しかったので自分でも作ってみました。
ちょうど巨大な、通常の7~8倍はありそうなズッキーニを義実家から頂いていたので。

では、まずは材料から。
・ズッキーニ 通常サイズなら4~5本ぐらい。巨大なものなら1本で。
・玉ねぎ 1個
・オリーブオイル 少々
・生クリーム 大さじ3ぐらい。
・塩・コショウ お好みで。
・Roquefortチーズ ほんの少し。なければ省略可。

1.フライパンに少量のオリーブオイルを熱し粗みじん切りにした玉ねぎを中火で炒める。
2.ズッキーニは縦半分にカットし、ワタや種を取り除き、緑色の皮部分をピーラーで剥き
  1cmほどのサイコロ状に切る。
3.フライパンにカットしたズッキーニを加える。
4.蓋をして弱火でじっくり、材料がくったりするまで火を通す。
5.塩コショウで味付けする。
6.生クリームを加える。
7.最後にチーズを少し加える。(小さじ1/4ほど。入れすぎに注意!)

本来、ズッキーニのフリカッセはメイン料理ではないんだけどあまり肉とか食べたくなかったので
この日はこれがメイン・・・ いいのか?こんな食事で・・・
最近あまり手の込んだ料理してないね、とここを見た母に指摘されましたが、確かにと思う。
こっちではちくわや厚揚げなんかはすぐには手に入らないから作りたいものが作れない。
自分で料理に工夫するなんて私にとってはハードルが高すぎるし。
なので、この頃は献立を考えるのが億劫だったりする。もちろん作るのも。たはは・・・

f0172583_225340100.jpg
こちらの生クリームは発酵させた濃厚なものらしい。
手前がRoquefortチーズ、ブルーチーズの一種でとても強い癖のある香りが特徴なので
料理にはほんの少しでOK!なようです。
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-09 23:08 |

鮭ときゅうりの混ぜ寿司

f0172583_173695.jpg
焼き鮭をほぐして塩揉みしたきゅうりと胡麻を混ぜた簡単混ぜ寿司です。
トッピングは紫蘇!友人に紫蘇の鉢植えを頂いたので育ててます♪
鮭は脂が多くて焼いてる最中から脂が出る出る・・・
なのに、アルミホイルに身がくっつくくっつく・・・
日本からくっつかないホイルは絶対持ってくるべき!と思っていたのに
出国当時はバタバタしてて、それどころじゃなかったのよね。
今秋の一時帰国の際にはたくさん買って帰るぞ!!

f0172583_1762893.jpg
日本食用に使うお米はこれ。
パッケージは日本語も書かれているけど、カリフォルニア米らしい。
オペラ座界隈にある日本食材店だと4.70ユーロだけど、近所の中華系スーパーじゃこの価格。
モノプリなどのスーパーには置いてないけど、近所でいつでも買える♪
「ゆめにしき」というお米が美味しいという噂だけど、日本食材店で値段みて断念しました・・・。
「玉錦」というお米は「錦」より美味しいらしいけど、それは見つけられなくて。

家は炊飯器がないので、炊くときは鍋。
ガスレンジなら「最初強火~噴きこぼれ直前に弱火」なんだけど、我が家は電熱なので
「弱めの中火~途中からかなり弱火」で20分くらいでゆっくり炊いて、その後しっかり蒸らします。
これだと鍋底がおこげになりにくい。
しかし面倒じゃのぅ・・・
炊飯器はこちらでも売ってるけど、いつ時代の?ってぐらい型が古っぽくて買う気にならないよ。
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-27 17:31 |

ジロール茸

f0172583_2391116.jpg
これ、girolleという種類のきのこ。
映画「かもめ食堂」でもたいまさこさんが森で摘んでいたのはこれだよね?
マルシェで一軒だけこのきのこを売っていて、一盛りいくらか尋ねたら約7ユーロと
結構なお値段だったので、半分だけ売ってもらいました。
1キロ=13.80ユーロと看板に書かれてたかな。

f0172583_23333346.jpg
今回はクリームパスタにしてみました。
なので、きのこ本来の味はよくわからなかったんだけど強い癖もなく美味しく頂きました。
こちらではブナピーもえのきもほとんど見かけなくてさびしい思いをしていましたが
ジロール茸ならそれらに劣らず?いろんな料理に使えるかも!とほっとしています。
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-21 23:39 |