穏やかに平和に暮らしたい、そんな私の日々の断片(食中心)。結婚して09年4月に渡仏し、ビビリながらの生活風景をありのままに。


by onenote_fr
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:夜( 86 )

2009年のお正月

f0172583_2025383.jpg
お節料理を買おうかどうしようか迷っているうちに年末を迎えてしまい、
スーパーでハムやら黒豆やらを買って済ませる事にしました。
自分で作ったのは里芋の煮物や高野豆腐、海老の甘煮、肉の野菜巻きぐらいかな・・・
お重も持ってないし、お節らしくないけどお皿に盛って出来上がり!
しかし、食べきれるかどうかが新たな問題。
あまりアレンジとか得意じゃないからねぇ。

f0172583_20293383.jpg
お猪口も持ってないから日本酒なのにワイングラスで。^o^;
お正月気分はなんとなく味わえたかな...
お節料理の事も知らなかった彼なのでOK!という事で。

〜ご挨拶〜
新年、明けましておめでとうございます。
皆様の健康と御多幸を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by onenote_fr | 2009-01-02 20:24 |
f0172583_23482455.jpg
本当はミートじゃなくてツナを使うつもりだったんです。
ええ、その方がダイエット的には良いかなと思って。
でもやっぱりミートソースが食べたくなってスーパーで牛肉ミンチを衝動買い。
037.gif
パスタソースはレトルトでも種類豊富に売られていて手軽だし時間もかからないから
私はそういうのも躊躇なく利用するんだけど、手作りならではの洗練されていない
素朴な「家庭の味」的なものが無性に食べたくなる事がある。
そういうのってすごくほっとするし、懐かしい気分になる。

f0172583_2393157.jpg

[PR]
by onenote_fr | 2008-11-25 23:09 |
f0172583_23171496.jpg
小麦粉をまぶした鮭をバターでソテーする。なんて簡単なんでしょう!
タルタルソースは手抜きで、きざみピクルスをマヨネーズとヨーグルトで和えただけ。
魚を焼くのは加減が難しくて苦手なんだけど、フライパンだとなぜか平気。
でも焼き過ぎる傾向があるのでその癖を直したいところ。
どうも「魚はしっかり焼かなきゃ」と私の中にインプットされてるみたい。
[PR]
by onenote_fr | 2008-11-24 23:16 |

怪物ですか?

f0172583_21595041.jpg
私の両親の家へやってきました。
彼がここへ来るのは二度目なので前回より緊張はしていないようですがそれでも
やや緊張気味でちょっとかわいそうかな、と思っていたんだけれど・・・
フィッシュロースターで焼いた小さな鯛の姿焼きを見た彼が一言、

「カイブツデスカ?」

パックリ開いた鯛の口からのぞく鋭い歯。
確かにカイブツ・・・いやいやいや、魚にしか見えませんが?
しかし両親は大笑い♪ これで雰囲気は一気に和らぎ、くつろぎモードに。

f0172583_220516.jpg
庶民的な食卓風景。
ずっと昔から母は料理が苦手で、なのに料理本なんて見もしない人でした。
なので味付けはいつも適当で、辛かったり甘過ぎたり焦げてたり煮崩れてたり・・・
そんな料理が日常でした。笑
当然、私は母から料理を受け継ぐなんて事もなく。(なので私も得意ではない。汗)
この画像にもそれが伝わってくるでしょ?
手順やらバランスやら無視でいきなりどっさりホットプレートで焼かれるキャベツ、
醤油差しの下に小皿を敷くセンス・・・
もてなし料理なんてし慣れてませんからただただテーブルにすべてを並べてしまいます。
ちょっぴりズレてるところ、私の母らしくておかしくて好きなんですけどね。
(ちなみに肉嫌いな母はどんな肉を選んでいいのかよくわからなかったらしく、
 薄い方がやわらかくていいかなっと言っておりました。笑)

そんなわけで「鉄板焼なら失敗ないでしょ♪」と用意してくれたのでした。
でも鯛を焼いてくれたり普段あまり飲まないワインを用意してくれたり、
いろいろ考えてくれた事、とても感謝しています。
[PR]
by onenote_fr | 2008-10-13 21:58 |

おでんの夜

f0172583_232291.jpg

おでんのネタを考えると入れたいものがたくさんで困ってしまいます。
大根、じゃがいも、しらたき、厚揚げ、焼き豆腐、がんもどき、もち巾着・・・
鶏団子、平天、玉子、あとそれから・・・
なんて思っていたらあっという間に鍋がいっぱい。

じゃがいもを入れると煮崩れたり出汁が濁ってしまうんだけど外したくないネタです。
あと、いつも入れたいと思いつつおでんの予算としては高くついてしまうので
ついつい外すのがタコですね。

うきうき気分でスーパーでネタ選びをし、いざキッチンに立って慌てるのが下ごしらえ。
茹でたまごを用意し、しらたきや大根を別々の鍋で下湯でしたり
厚揚げやもち巾着の類いを油抜きしたりで大忙しなんですよね。
鍋ひとつで済む!なんて安易に献立を決めてしまいがちですが結構大変!!
それでもこの季節はどうしても何度となく食べたくなるメニューのひとつですね。
[PR]
by onenote_fr | 2008-10-09 23:08 |
f0172583_22254290.jpg

お寿司、といえばもっぱら「回転寿司」です。
というかそれしか行けません・・・
値段を気にせず食べてお腹も満足出来るから私は大好きです。
友達と何か食べに行くといったらたいてい回転寿司かファストフード店とか
coco壱番屋のカレーだったり、どれもお気に入りばかり。(どひゃっ!)

回転寿司はいつもスシローだったんですが、それも私達の中では
「あきんど、行こう」と何故かあきんどスシロー(フルネーム)のスシローの方じゃなく
「あきんど」の方で呼んでいてそうなるともはや寿司を指してはいないような・・・

で、その日もあきんどを目指して友達が運転する車で走っていたんです。
その途中に新しく出来た回転寿司屋さんを発見!それが蔵寿司だったのです。

何がいいって蔵寿司さんは、携帯で来店予約が出来る事とタッチパネルでメニューを
注文出来る事。ここがスシローと違うんだよね。
私達が良く行ってたスシローはインターフォンで声を出して注文だったもん。
なんか面倒だし、ちゃんとオーダーが通ったのか不安だったりしたしね。
しかもスピーカーからの声はノイズだらけで何を言ってるのか聞き辛いし。

そんな訳で今のところ蔵寿司が超お気に入り♪
土日は長蛇の列だったり、子供連れがうるさかったりも全然へっちゃらさ!
にぎわってるからこそ、遠くのレーンから流れてくる寿司ネタがゲット出来るか否かの
スリルも楽しめたりするのだ!!
そしてデザート類を取るかどうかめっちゃ悩むのも「食べ過ぎかも〜」と言いつつ
そのデザートを取っちゃうのも楽しいんだもんね。
[PR]
by onenote_fr | 2008-10-03 22:45 |