穏やかに平和に暮らしたい、そんな私の日々の断片(食中心)。結婚して09年4月に渡仏し、ビビリながらの生活風景をありのままに。


by onenote_fr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:外出( 79 )

ベトナム料理

f0172583_49713.jpg
エシャンジュはお互いの最寄り駅を交互に行き来しています。
相手側の駅は夫の会社から数駅なのでエシャンジュ後に待ち合わせして昼食に出掛けます。
今回は「何か温かい汁物が食べたい気分」だったのでベトナム料理をリクエスト。
夫がiPhoneで付近のレストランを調べたら大きな通りの裏路地に一軒ある模様。
辿り着けばこじんまりとした小さな庶民的なレストランでした。

「nouilles」と書かれたところにあった一品を頼みつつ不安だったので一応尋ねたら
「これは焼きそばで、フォーはこちらです。」と指されたページはクイックメニューの欄に。
ははは・・・聞いて良かった♪汗

f0172583_417424.jpg
こちらは甘辛い味付けの肉料理。名前は失念。
お肉とたまねぎだけのシンプルな料理、ビーフストロガノフみたいに見えるね。
ベトナム版ストロガノフ?あ、でも肉は牛肉じゃなかったみたい。

f0172583_4192799.jpg
お箸をつけた後に撮った画像で失礼、点心数種の蒸篭もオーダーしました。
夫も私もパリで初めてベトナム料理を食べた日でした。
夫は「これ本当にベトナム料理なの?」と点心を見て言ってました。
そういや中華料理屋には行ってもベトナム料理屋は今まで日本でも行った事あったっけ~?
って感じで確かにこのような点心ってのはベトナム料理なのか謎なんですが・・・
でももちもち美味しかったから細かい事はいいか!
[PR]
by onenote_fr | 2010-02-10 04:27 | 外出

最近のあれこれ

f0172583_22442341.jpg
何か用事がない限りこちらの冬は出掛けるのが非常に億劫です。
その上、今は雪の降る日が多く道が凍って滑りやすくて危険です。
そんな寒い日にお寿司が食べたくなって日本食レストランへ行きました。
温かいお味噌汁と漬物付で16.80ユーロでした。

ところで、昨日は第二回目のエシャンジュのため待ち合わせの駅へとメトロに乗りました。
今回は病院の予約の仕方を勉強しましたよ。
まずはジェネラリストへ行く場合と、直接専門医に予約する場合があること、
専門医へ電話した際にジェネラリストへ行く必要があるか尋ねるなど知りたかった事や
聞き取れなくてもう一度言ってもらうための丁寧な台詞とか。笑

彼女のほうは先週に引き続き数の数え方を覚えたい!ということでおさらいと、
デパートの売り場の名称や扱う商品の名称など・・・単語が中心でした。

そして今日は先ほどマルシェへ買い物へ行ってきたけれど、珍しくすんなり聞き取ってもらえて
スムーズに買い物が出来ました。
買ったものは、人参1本、キャベツ1玉、長ネギ1本、じゃがいも4個、たまねぎ4個、みかん5個。
いつも利用する八百屋さんはこんな風に少量ずつでも嫌な顔せずに買い物が出来るんです。

以前、ビニールに欲しい分だけ入れて精算してもらうスタンドで買い物したら、秤にのせる前に
勝手に2~3個付け加えられた事があるので、それ以来そういう所は利用しなくなりました。
そういう事をするところはたいていレシートもくれないし、前なんてお金を払ったのに
まだ代金もらってないよ!と言われたりも!
たった今払ったじゃないと言うと「あぁそうだったね」と・・・勘違いだったのかわざととぼけたのか?
なので、マルシェは信頼出来るスタンドを見つけるのも大切なんだと思います。
[PR]
by onenote_fr | 2010-01-14 23:09 | 外出

2009から2010へ

f0172583_21224230.jpg
大晦日は日本食レストランで年越し蕎麦を食べて
友人宅にてシャンパンで年明けを祝い、お雑煮をご馳走になりました。

振り返ると2009年は退職、結婚、渡仏と人生の転機とも言える大きな出来事がありました。
さて今年はどんな一年になるかな。

f0172583_21302059.jpg
元日は家でのんびり過ごし、翌二日は買い物がてらいつものイタリアンレストランへ。
まだクリスマスな雰囲気を残したままの街。
住宅の外壁にもサンタクロースがぶら下がったままの光景もあちこちで見かけました。

f0172583_21323070.jpg
今回はボロネーズを注文。
薄い牛肉の片面だけフライ衣がついており、その上にベーコンととろけるチーズ、
そしてたっぷりのボロネーズがかかっているボリューム満点な料理です。
ボロネーズには生クリームが使われていて、酸味のないまろやかなトマト味。

f0172583_21371557.jpg
お正月らしさの欠片もない我が家の食卓。
せっかくお正月というしきたりから開放されたんだもの、お節なんてハナから作る気ありません。
しかも、豪華にする気もありません・・・通常通りでごめん。

f0172583_21395941.jpg
醤油味のクリーミーチキンパスタ、夫はすごく気に入ってくれたみたい。
実家からかかってきた電話で、カルボナーラの日本風を食べた!と話してるし。
前日もパスタを食べたというのに、お互いすっかり忘れてたけど。

f0172583_21425626.jpg
その日の朝は起床してすぐに出掛けた夫。
帰ってきたその手にはこんな袋が。

f0172583_21481071.jpg
中身はガレット・デ・ロワとかいうお菓子。
フランスではこの時期に食べる習慣があるらしい。
切った断面にフェーヴが見えてしまってた。

f0172583_21435413.jpg
年末年始、いつもとあまり変わらずに元気に過ごしてます。
今年もどうぞ宜しくね。
[PR]
by onenote_fr | 2010-01-04 21:54 | 外出

2009年のクリスマス

f0172583_21132866.jpg
今回、夫実家へは電車を利用しました。
行くまでは「欧州鉄道の旅だぁ~!」と喜んでいましたが、乗車と共にその浮かれた気分は消え
乗車率200%ぐらいの満員状態、トイレの扉は開けっ放しでその中にも乗客が5人ほどいて
トイレを利用しようと人を掻き分けてきたものの諦めざるをえない乗客もチラホラいました。
私と夫は乗車してすぐにはぐれ、携帯メールで会話する羽目に。
クリスマス時期に電車に乗るんだから多少なりとも覚悟はしていたけど、ここまでとは!

私の前には三人の高校生ぐらいの男女がいて、大きなトランクを私の真ん前に置き、
本人たちはこの混雑の最中に床に座るという空気の読めない人たちだし(誰も咎めたりしない)、
幸運にも座席を確保出来た老婦人は、満員状態の車内でみかんを食べだして香りが充満・・・
そんな状態も二時間ほどするとやっと乗客が減り、私たちも席に座ることが出来たんですがね。
欧州鉄道の旅は、平日に限りますわ。

f0172583_21223840.jpg
駅から夫実家までは車で数分、お姉さんが迎えにきてくれてました。
その日の夜は持ってきたプレゼントを各部屋で包装し、クリスマスツリーの下に。
手先が不器用な私はリボンをくるくるっとカールさせるのに最初手間取りました。

f0172583_21322066.jpg
ひとつだけ白いビニール袋をリボンで結んだだけのものは、夫が父に宛てたもので
「エコ包装」なんだそう・・・いや、包むのが面倒だったのが真相ですが。
暖炉の前に椅子を並べてアペリティフ。

f0172583_21361330.jpg
そういえば、こんなクリスマスを過ごすのはいつ振りだろう?

f0172583_21393871.jpg
この日のメインは手長海老の料理、コニャックの風味が利いた大人の味。

f0172583_21414927.jpg
皆で食べるケーキは美味しさも倍増、だけど日本のケーキのほうがクオリティ高い気が・・・
神戸のケーキ屋さん激戦区育ちの私の正直な意見だけど、それは言うたらあかんがな!
と一応自己つっこみ。

f0172583_21434186.jpg
次の日もやっぱりクリスマス。
テーブルクロスもそれらしい星柄♪

f0172583_2145030.jpg
昨日から立て続けにフォアグラ・・・私の胃腸はそろそろ悲鳴を上げ始めてました。

f0172583_2146588.jpg
メインは牛肉をオーブンでじっくり焼いたものとパスタ。

f0172583_21464934.jpg
食後にチーズ・・・私はどうもヤギのチーズと牛乳は苦手です。
納豆は平気でも個性あるチーズはだめ、ちなみに夫は両方だめです。

f0172583_21484185.jpg
皿に盛られたライチになぜかホッとしました♪

f0172583_21493033.jpg
26日の昼食もノエルなノリで・・・私は25日にはお腹を壊して寝込んでましたよ。
食べ過ぎるほどの量は食べなかったはずですが、食べ慣れないものが多かったせいかなぁ?
フォアグラはしばらく見たくないなぁ。

そうそう、肝心なプレゼント!
私はこちらでのクリスマスの習慣をよく知らなかったのですが、
こんなに大量のプレゼントを贈り合うの?とちょっとびっくりしました。
私から家族宛は一人ひとつずつだったので、もっといろいろ事前に考えればと反省!

私から夫へは・・・衣類2点。
ドイツ製のシャツだったんですが、中国製じゃないのって少ないよね。

私がたち家族から頂いたものは、アペリティフ用の食器、和食器、アクセサリー、衣類、お財布、
写真立て、車用のGPSなど。
夫から私へは、ジェイミー・カラムのCDとなんと来年夏のコンサートチケット!!
そして仏仏の電子辞書でした~!
夫がクリスマス前に「いいもの見つけたんだ!でも、まだ内緒だよ~」と言ってたのはこれだったのね。
学校に行ってた頃、授業で言葉の意味をフランス語で説明するのに苦労していて
仏仏辞書を欲しがってた事を覚えていてくれたみたい。
その時は「近所に中古の本屋さんない?」って聞いてたんだけどね。
これからしっかり使っていこうと誓った2009年のクリスマスでした。

※仏ではノエルと言いますが私にはクリスマスと呼ぶ方が馴染みます・・・あはは

以上報告おわりっ
[PR]
by onenote_fr | 2009-12-29 22:09 | 外出

プレゼントを調達しに

f0172583_179564.jpg
週末はいつもそうだけど、この時期はノエル前ということもあってラファイエット界隈は
プレゼントを用意するためもあってか、たくさんの人で賑わっていました。
私たちも夫の家族へのプレゼントを探しに行ってきました。
夜は設置されたイルミネーションがとってもきれい!

f0172583_17122428.jpg
明るさに強弱があってこの画像の時が一番明るい瞬間かも。

f0172583_17143497.jpg
店内のクリスマスツリー♪
夫は我が家でももみの木を買おうか?と聞いてきたけど
どのみちその日は夫の実家で過ごすし、いらないよーと言ってしまったものの
その日までをも楽しむのが醍醐味だったような気がしてちょっと後悔?
私にとってはクリスマスの本来の意味より、イベント事として捉えてしまってる・・・

f0172583_17182635.jpg
で、結局プレゼントはここでは買わなかったんだけど・・・
なぜならデパートをうろうろしながら電話で尋ねた夫両親の欲しいものは
ニンテンドーWiiだったので、場所を移動してFNAC(多分こっちのほうがお買い得)で買うことに。
カラーはホワイトとブラックがあって、ブラックのほうを購入しました。

私は、やっぱり欲しいものって聞いたほうがいいと思う派です。
サプライズ感は薄れるけど、もらう喜びはサプライズ感を上回ると思うし。
何かわからない時のわくわく感も好きだけどねー。
[PR]
by onenote_fr | 2009-12-21 17:37 | 外出

f0172583_041873.jpg
先週末もちらっと降ってはいたけれど、今朝は雪が積もってました!
こんな雪の日に学校へ、しかも聞き取り&筆記試験だったので行かなきゃ!ってんで
雪に足を滑らせないよう気をつけながら恐々歩を進めました。
なんせ雪とはほぼ無縁の暖かいところで育ったので慣れてないんです。
私にとってこちらへ来てから初の冬・・・無事に乗り越えられるのだろうか、超冷え性なのに。

明日は15分間の口述試験、そして学校へ行く最後の日です。
あ、年末に学校主催のミニパーティーには行く予定ですが。
いろんな国&年代の人と友達になれたし、和気あいあい楽しかったなぁー!

学校の自動販売機は度々故障してて
お金を投入したのに何も反応なく、しかも返金もされなかったり
ココアのボタンを押した私のカップにはミルクしか入ってなかったり
コーヒーのボタンを押した友達はお湯しか入ってなかったり、
思い出しただけで今でも噴出してしまうようなエピソードもありました。

休み時間にパン屋さんでパン・オ・ショコラを買って食べるのも楽しみの一つでした。

でもまだ終わったわけではないのよね・・・来年二月にはまたしても試験があるらしく
場所や時間は手紙で知らされるらしいです。

さてさて、明日は雪がやんでればいいんだけど。
[PR]
by onenote_fr | 2009-12-18 01:13 | 外出
f0172583_625511.jpg
写真ではわかりませんが瞬きするようにチカチカと光る照明が使われていて
とってもきれいなパリ市庁舎、通りがてら記念撮影。

やっぱり夜景を撮るのは難しかった。
[PR]
by onenote_fr | 2009-12-07 06:07 | 外出

L'isle adamへ

f0172583_5173666.jpg
週末になるとL'isle adamというパリから車で40~50分ほどの街へよく出掛ける。
この近くにある銀行に用事があるのと、そのついでに大型スーパーで買い物するのと
彼の知人が経営するイタリアンレストランへ食事をするために。

f0172583_5205836.jpg
この街にはセーヌではないけれど河が流れていて周辺にはレストランが数点並んでいる。
のどかでちょっぴり華やかさもある住宅街、私たちがちょっぴり憧れている場所でもある。
こんなところに住めたらなぁなんてね。

f0172583_5233736.jpg
河の近くに新しいアパートが建築中だったりしたので余計そんな風に思ったりして。
と言いつつそんなのは夢のような話だけど訪れる度にこの街いいなぁ!と思う。

f0172583_526411.jpg
イタリアンレストランでは私は毎回違うものをオーダーする。
この時はカルボナーラ、ピザも美味しいんだけど。

f0172583_528428.jpg
彼がオーダーするのはいつも決まってこれ、Valdostana。
薄い肉の間にとろけるチーズが挟んであるフライ料理。
マスタード風味のソースがたっぷりかかっている。

f0172583_5322633.jpg
でもこの前はスーパー脇にいくつかあるファミレスへたまにはいっか!と。
そこで大きなハンバーガーを食べてお腹がいっぱいに・・・

今年は多分もう行けないかな、クリスマスの帰省もあるからね。
[PR]
by onenote_fr | 2009-12-07 05:40 | 外出

夫の実家で見つけたもの

f0172583_2175288.jpg
週末28~29日に夫の実家へ日本のお土産を持って行ってきました。
お義母さんの趣味でキッチンにはオリーブ柄の小物がところどころにあります♪
画像以外のところにも例えばビニール袋をストックしておく巾着袋やテーブルクロスなど
南仏を思わせる明るいイエローやオレンジがメインテーマみたいです。

f0172583_2273025.jpg
ところで、義実家へ行くのはもうかれこれ5、6回目かな?数えてないから忘れちゃったけど
今回初めてこんなものを見つけました!
これ、どう見ても仏像なんですけど・・・どこにあったかと言いますと
f0172583_2283462.jpg
家の外壁にひっそりとありました。
フランスでは外壁にマリア像などをよく見かけるんですけど、仏像なんて初めて見ました。
だからと言って仏教を信仰しているわけでないのですが。
この家は夫の父方のお祖父さんからこの家を受け継いで欲しいとの願いで数年前から
夫両親が住んでいるので仏像はお祖父さんの趣味だったのかなぁ?でも真新しく見えるけど?
お義父さんにとっては子供時代はここで過ごしたので懐かしい場所だそうです。

f0172583_2403760.jpg
CAVEにはしっかりマリア像らしきものが置いてありました。
これはお義母さんの実家から受け継いだもので壊れていたのを修復したそう。

f0172583_2461712.jpg
この地方は真冬になるとマイナス30℃になる日もあるという。
もちろん今はまだマイナスにもならないけど、私にはものすごーく寒く感じました。
ところが夫が言うには「季節はまだ秋だよー」と。それぐらいまだまだ序の口らしい。
来月クリスマスにもここへ来るけど、その頃は一体どれほどの寒さなんだろう?ちょっと怖いっ。

おまけ
[PR]
by onenote_fr | 2009-12-02 02:53 | 外出

イルミネーション

f0172583_617286.jpg
日本帰国のことをいろいろ書き綴っておきたいと思いつつ
さてどこから手をつけようか?と考えている間にも日々は過ぎていき・・・
なのでひとまず置いといて、先月下旬から始まったパリのライトアップの画像を。
私たちは用があって車で通り過ぎただけなんだけど、夜のシャンゼリゼ通りを彩る風景は
車中からでも十分楽しめました。
でも車からの夜景のデジカメ撮影は難しく、残念ながらあまりきれいに撮れなかった。

f0172583_0589100.jpg
イルミネーションに沿っての出店は100店舗以上あるんだとか。
ストールや帽子などの防寒具、雑貨や記念品などさまざまなお店が並んでました。
次回はゆっくり歩きながら見たいなぁ・・・

f0172583_6165481.jpg
イルミネーションはシャンゼリゼだけではなく、いたって普通の通りでも見かけます。
派手さはないけどかわいらしい。
あとは教会や店先や一般家庭のガラス窓でもクリスマスらしい飾りつけがされてたり。
バスの中からそういう風景を眺めるのが最近のちょっとした楽しみとなりました♪
寒くてすぐに日が落ちてしまう冬だけど、イルミネーションのおかげで心も明るくなってくる。
[PR]
by onenote_fr | 2009-12-02 01:12 | 外出