穏やかに平和に暮らしたい、そんな私の日々の断片(食中心)。結婚して09年4月に渡仏し、ビビリながらの生活風景をありのままに。


by onenote_fr
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:外出( 79 )

f0172583_2475028.jpg
先週は外出したりバタバタしていました。
週末は和食が食べたいという彼と和食大好きなお義姉さんのために
冷奴、出汁巻き玉子、とんかつ、サーモンの握り寿司、白菜のお味噌汁、ナスの煮浸しなど
組み合わせ的にどーなの?って献立でしたが頑張って作りました♪
お義姉さんは、わさびが大好きなのでわさびのチューブをお持ち帰り。

そんな普段ならありえない品数を作った日に限ってご近所さんがクスクス料理をお裾分けに
持ってきて下さり、さすがにその日には食べられなかったので翌日頂きました。
にんじん、じゃがいも、ズッキーニ、玉ねぎ、ラム肉などをちょっぴりピリ辛のトマトソースで
煮込んだものをクスクスの上にかけてあり、大皿にどっさりと盛られていました。

翌日はお礼におにぎりを作って持っていきました。

f0172583_375585.jpg
彼が「手の靴下を持ってますか?」と尋ねるぐらいここ数日急に寒くなりました。
「それはね、手袋って言うんだよ」と教えておきました。笑
街中では厚手のコートを着ている人も多いので、フリースで出掛けようとする彼に注意したら
「私は寒くありません!」と強がっていたのですが帰りの電話で「ちょっと喉が痛いです・・・」と。
「ほらーっ、だから言ったでしょっ!!旅行前なんだから気をつけてよ!」と思わず怒る私。
f0172583_312834.jpg
遅い時間まで日が長かったフランスも夕暮れが早くなってきました。
  
[PR]
by onenote_fr | 2009-10-16 05:02 | 外出
f0172583_0224100.jpg
数ヶ月前に一度お邪魔したお宅へ二度目の訪問をした週末。
旦那さんの趣味で部屋の片隅にこんな兜をオブジェにしています。
だからといって日本に興味があるわけではないらしい。
そんな旦那さんに対して奥さんのほうはというと、ブロカントで見つけたアンティークの額縁を
使用した大きな鏡が一番のお気に入りという。
暖炉に模したシンプルな現代風の暖房器具の上に設置されています。
対照的なテイストをモダンな家具と共ににまとめていて素敵だなぁ~!と感心しました。
壁はどの部屋も一部だけペイントしており、このリビングはグレーがかったラベンダー色。
これも奥さんの趣味でご自身でペイントされたんだそうで、インテリアに関する話はとっても
楽しそうに「見て見て!」という感じで話していました♪

f0172583_0263683.jpg
お二人には7歳の長男、4歳の双子の女の子の三人のお子さんがいて
みんなそれはそれはかわいい!!
ほんの数ヶ月の間にずいぶん背が伸びていて子供たちの成長の早さにびっくり。

↓手前二人が双子ちゃん。
f0172583_0402333.jpg
義姉が連れてきたワンコをぎこちなく散歩させてるシーン。笑
上がルディで下がオフィリー。
f0172583_0543271.jpg

素敵なお宅から帰ってくる度に
我が家のインテリアもなんとかならないものか・・・と考えてしまうのでした。
好きなテイストがたくさんありすぎて、どうまとめていいのやらで手付かずのまま。
私にはこちらのお二人のように違うテイストを上手くまとめるセンスはないし~!
インテリア雑誌でも買ってこようかな、と思いました♪
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-28 18:00 | 外出

メトロの乗り換えで

f0172583_514585.jpg
学校帰りに友人宅へ遊びに行ったんだけど、
普段使わない駅で乗り換えでぼんやりしていたら乗り換える前に改札を出てしまった!
なんてドン臭いの・・・と落ち込む前に切符がもう一枚必要になってしまった~!と
セコイ考えが頭を巡る私。

ダメ元で窓口の駅員さんに話したらその切符で改札を通っても良いって感じで
「Passez」と言いながら手でどうぞとジェスチャーで承諾してくれて♪。
窓口は混雑していたのに、ここパリなのに、親切な対応なんて珍しい!とちょっと感動でした。

さてさて、学校なんですが。
週が新しく始まる毎に新しい人が入ってくるので、授業がちっとも進みません。
いつまでたっても自分の身分を証明するための書類の書き方だとか、
それらの質問の受け答えだとか・・・ 動詞なんかはêtreとavoirしか習ってません。
それも何度も何度もそればっかりで。
この調子で期限がきて終了になりそうな予感。
そうなると私はちっとも話せないままなの?無料だと仕方ないの?
つーか家でももっと勉強しろってこと・・・だよね・・・
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-15 05:30 | 外出

8月の義実家

f0172583_21581825.jpg
二ヶ月振りの義実家へ。
するとかわいいワンコがいるじゃないですか!!
話によるとご近所さんがヴァカンスに出掛けている間、預かっているそうで。
名前はリル、呼ぶと走り寄ってくる。

f0172583_2215112.jpg
庭をぐるぐる、見ているこちらが目がまわるほどの勢いで走ったかと思うと
居間のソファでウトウトしたり、とにかくかわいいです。

f0172583_2243526.jpg
車で出掛けるためドアを開けた瞬間にすかさず入って座席に。
あのー、そこ私の席なんですけど・・・

f0172583_2291664.jpg
ちょっと車を走らせた場所で蚤の市があると聞いて行ってきました!
この画像の門をくぐると広い庭があって、そこでたくさんいろんなものが売られています。
パリのヴァンブのような、プロがコレクター向けに・・・というものとは違って
家庭の不用品を売るって感じのものがメインの蚤の市。
だからお値段もすごく安い!

f0172583_22121022.jpg
かわいらしい小さな机を見ていたら「それ10ユーロなの」と話かけられ
立ち去ろうとしたら「8ユーロでもいいわよ!」と・・・値切る前に値下げしてくるなんて。
買うつもりなく見ていただけだから買わなかったけどね、楽しかったです。

f0172583_22191139.jpg
蚤の市から帰ると何やら美味しそうな匂い!
これはLa tarte aux mirabelles、ミラベルのタルトです。
ミラベルというのはすももの一種であるイエロープラムなんだそうです。
実はマスカットと梅をあわせたような見た目で、プラムのように甘く、皮のまま食べられます。

f0172583_22251446.jpg
今回も義母に作り方を教えてもらってきました。
というか、簡単すぎる・・・だって半分にカットして種を除いたミラベルを並べて焼くだけなんだもん。
でもそれだけなのにとっても美味しいのは豊かな土地で実った素材の良さなんでしょう。
たくさんミラベルを貰って帰ってきたので早速作らなければ。
帰る度に日用品から食材からワインやら何やらたくさん持たせてくれるので、家計は大助かり!
しっかり消費しなければです。
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-31 22:30 | 外出

夏の運河沿い

f0172583_16365942.jpg
週末になると「どこへ行く?」と聞いてくる彼。
どこでもいいから出掛ける=それが週末、って思ってる模様。
私はどこと聞かれても行きたい所が思いつかないし、そもそもどこに何があるのか
よく知らないから毎回「どこでもいいよ」と決まった返事しかしないのに毎週質問される。
前もって決めてればいいんだけど、私は出掛けなくても平気なんだけどなー。
でも彼的には、出掛けないのは不健康だからと近所でもなんでもいいから出掛けたがる。
f0172583_16474480.jpg
で、足を向けたのはパリ北地区に位置するOurque運河。
期間限定で子供向けのボートや遊具があったり、簡易カフェが設置されていたりして
普段以上に人出があって賑わっている様子。

画像にはないけど、ミスト状の水が降り注ぐブースがあったり、
水際ではお弁当を広げたり、私たちのようにただ散歩する人たちもたくさん。
f0172583_16485883.jpg
さっきまで空に浮かんでいた白いバルーンを持っているお兄さん、服装も真っ白だね。
バルーンにはカメラが付いていて上空からの景色を撮影していたのかな?
この後、背後の車にバルーンを押し込めて移動しちゃいました。
f0172583_16541629.jpg
遮断機が下りて待っている人たち。
実は歩道橋が上に移動しているのです。
f0172583_165957100.jpg
そして、持ち上げられた歩道橋の下を観光客がいっぱい乗った遊覧船が通ります。
上下移動する歩道橋に並んで、普通の階段つきの歩道橋もあるので急いでる人はこちらを利用。
f0172583_177872.jpg
そう言えばまだ遊覧船の類に乗ったことなかったなぁ。
こっちの運河じゃなくてセーヌ河のほうでライトアップされたエッフェル塔やノートルダムを見ながら
ディナークルーズとかしてみたい♪
前にハリセンボンの二人が弾丸トラベラーって番組でやってたのを見たなぁー。
f0172583_1715258.jpg
わぁー、噴水だあ!と近寄ってみると水が緑色・・・キタナイ。
通り過ぎる人が「何これ、ヘンだね!」と言ってたけど、私も同意です。

今週末はどこへ行こう・・・?
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-18 17:24 | 外出
f0172583_429277.jpg
この頃すっかりお気に入りなのはスウィートチリソース。
中華スーパーで一瓶1ユーロでした。
先日は普通に生春巻きのソースとして使い、この日はケチャップを少し足して海老チリに。
小振りな海老だったので少々貧乏臭い海老チリとなりましたが、
スウィートチリソースのおかげで手軽に作る事が出来ました。

茄子の煮浸しは、圧力鍋でさっと蒸した茄子に中華タレに漬け置くだけ。
揚げるよりヘルシーです。

f0172583_4295422.jpg
先週末はパリ近郊へお出かけしました。
河川近くにはいくつかのレストランがあって、どこもお客さんで賑わっていました。
私たちは彼の知り合いが勤めているというカジュアルなイタリアン・レストランで
ピザやパスタ、デザートなどを堪能しました。
ここへ来るのは二度目なんですが、毎回食べきれない・・・

立ち去る前に夜の街を散歩。
画像のような素敵な看板があったり、門構えからして立派な一軒家が建ち並んでいる
静かな住宅街を歩いたり。
オレンジ色の街灯の中、私たちはパリ近郊でしかないのに小旅行をした気分でした。
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-06 04:50 | 外出

フランスで抜歯する

f0172583_16323097.jpg
そもそもこのブログ、フランスへ来てからは家族や友人に向けての私の生存確認のためという
趣旨でどんなものを食べてどんなところへ出掛けたかを中心に綴っているんですが
サボっていては意味なす・・・。

なぜサボっていたかというと、歯痛になりものすごい激痛が走り病院へ行ったりしてたからです。
食事も離乳食みたいなやわらか~いものか、普通食を時間をかけて食べたりして
なんだか気力もわかずでして。

フランスへ行く前に私はちゃんと歯医者へ通って悪い箇所は治療してきたんですが
親知らずって歯は突然ムクムクと動き出し、激痛とともに隣接している歯まで蝕みやがって!
と自分の歯に腹を立てても仕方ないのですが何もまだフランス語が話せるレベルになる前に
こんなことにならなくても~!!と思ってしまうのです。

最初に行ったのは、予約がなくても空いた時間に診察してもらえる総合病院へ・・・
こちらでレントゲンを撮り、悪い部分を調べて説明を受け、薬の処方箋を貰いました。
そして、私は日本語の通じる歯医者さんを探して予約を取ってこの前行ってきました。

その日に親知らずを抜歯して、
親知らずに隣接しているせいで虫歯になり壊死してしまった歯の治療は
次回と言うことで、抗生物質を処方され、それで次回までしのぐという。
抜歯はあっと言う間で、歯医者さんは親切&丁寧で説明も私には日本語で、
彼にはフランス語で話してくれました。

そんなわけで先ほど書いたような食生活を送っており、自分がちゃんと食べられないからと
普段の食事は家にある食材で適当に済ませていて彼にはなんだか申し訳ないなぁ。
マルシェにも行く気になれず、気付いたら冷蔵庫の野菜はほとんど使い果たしてました。
だからこの前なんて、そうめんだけ。
物足りなかったら何か他にも作るよ、と言ったけど「いいよ」と遠慮して
でもポテトチップスをぽりぽりずっと食べてた。ごめんね!

昨晩は彼の好きな親子丼とポテトサラダを作って、今朝はその残りをお弁当にして
おやつにグロゼイユのタルトをつけて、出勤していきました♪

今週、また歯科へ行ってきます・・・今度は一人で・・・なんか不安だ。
自分には場違いなほど高級チックできれいなその歯科へ。
何回か通うことになるのかな~?

ちなみに、治療費は夫の会社で加入している保険でなんとか賄えるらしいです。
システムがいまいち把握出来ていないのですが、保険には様々な種類があって
どういう内容のものかによって保険でカバー出来る範囲とかも違ってくるみたい。
薬も処方箋を持って薬局へ行って、保険証(のようなもの?)を提示して
お金も払わず薬を貰ってきてます。
一体どういうしくみなんだか?ちょっとまだわかってないのだけど。
給料から天引き?来月のお給料大丈夫だろうか。
[PR]
by onenote_fr | 2009-07-28 17:02 | 外出
f0172583_16173933.jpg
6区のSt-Germain des Présの辺りに彼と一緒に行った時のこと。
本格的なお蕎麦の日本食レストランがあるとどこかのサイトで見ていたので
「今日は場所だけ確認したいだけだから」と断りを入れて場所探しをし、辿り着きました。
すると彼はすっかり日本食モードにスイッチが入ってしまい、結局入ることに。

ものすごく暑い日だったので、天せいろを頼みました。
天麩羅はサクサクだし、お蕎麦はコシがあってとても美味しかったです。
食後に蕎麦湯も出してくれます。

- Restaurant YEN -
22, rue Saint-Benoit, 75006 Paris

f0172583_16291825.jpg
この辺りにはお洒落なカフェもたくさんあり
特にこちらはサンシェードとチェアの色がおそろいで目を惹きました。
小心者の私はカフェのテラス席でのんびりと・・・なんて気後れしちゃって
当分無理そうですが。

小さな通りにもかわいらしいお店があったりで、迷路みたいなこの界隈は
歩くだけでも楽しめます。
[PR]
by onenote_fr | 2009-07-02 16:46 | 外出
f0172583_20151263.jpg
つい最近まで太陽が陰ると肌寒い日もあったのに先週辺りから暑さが本格的になり
一日中、窓を開け放すようになりました。
他の部屋もそのようでどこかの部屋から話し声や赤ちゃんの泣く声、
食事中のお皿やグラスの鳴る音など生活感溢れる雑音がずっと聞こえてきます。
集合住宅に長年住んでいたせいかほっとするし心地よくすら感じられます。
でも、ドタンバタンと響くような騒音は嫌ですけどね。

f0172583_2025966.jpg
日差しは春からずっと強かったのに気温のせいかここ最近外出する度にダウンしていた私・・・。
でもなんかじっとしていられなかったのはセールが始まったせいでしょうか?
見ているだけで満足してしまって未だに欲しいものもなければ
セール価格につられて買ったものもないんだけど。
なんでも後からじわじわ来るタイプなので、買っときゃよかったと後悔しそうな予感。

f0172583_2030516.jpg
基本的に出不精の私ですが一人でも重い腰を持ち上げて出掛けると案外楽しめたり
風や日差しが気持ちよかったりするんですよね。
一人のお出かけは苦手と思っていたのは思い違いかも知れない・・・。
なのに外出の度に体調崩してるのってどういうこと?
そしてやっぱり体力低下、運動不足というキーワードに辿り着く・・・やだなぁ。
[PR]
by onenote_fr | 2009-07-01 13:14 | 外出
f0172583_205869.jpg
今回私たちが義実家へ向かった大きな理由はVide Grenierという
フリーマーケットが近くで開催されるから・・・と聞いていたんですが。
出店する側だったなんて・・・ちゃんとそう説明しておいてよ!と思いました。
私にも手放したいガラクタがあったのにぃ。
(というか多分聞き逃していただけだと・・・フリマと聞いて浮かれてたから)
というわけで、各自宅前がフリーマーケット化している様子です。
我が家は亡くなった祖父がコレクションしていたという象の置物をたくさん出品しました♪
売れる、売れないとかは気にしてなくてとにかく並べる!
でもいくつか売れてたよ~。笑

f0172583_2094952.jpg
お昼時になるとどこも店番をしながらサンドウィッチをかじったり庭先で食事をしたり。
私たちも玄関先の庭でソーセージを焼いて簡単なバーベキューを。
通りすがりのお客さんが美味しそうな匂いに「それも売ってるの?」なんて冗談っぽく訊ねたり
「Bon appetit!」と声を掛けて行ったり。

f0172583_2012372.jpg
ガーデン用の錆びたテーブルにクロスをかけてお皿を並べて。
ちょっぴりスパイシーなのと、ピーマン入りのソーセージ。
いつもの定番トマトサラダとポテトサラダ、グリーンサラダもありました。
青空の下で食べる食事はいつもの何倍も美味しく感じるものですね。

f0172583_20234248.jpg
昼食を済ませてしばらくするとぽつぽつと雨が降り出し
本降りになったので残念だけどみんなバタバタと急いで店仕舞い。
帰る頃もまだ降っていました。この画像で夕方の7時半過ぎです。

f0172583_2028832.jpg
まだまだ長い道のりです。
そういえば毎回雨に降られているなぁ・・・
そして、帰る頃には夕焼け空を見ながら車を走らせるのです。

f0172583_2030693.jpg
雨もやんでさっきより空が明るくなりましたけど、夜8時半ごろです。
まだまだ明るい時間帯。

f0172583_20314477.jpg
ちょっぴり幻想的な空模様。
フリーマーケットで私たちが並べた象さんみたいな形をした雲を眺めながら
三時間の車の旅はどんどん我が家へ向かいます。

さて、次に義実家へ行くのはいつかな?今のところ未定です。
[PR]
by onenote_fr | 2009-06-14 20:04 | 外出