穏やかに平和に暮らしたい、そんな私の日々の断片(食中心)。結婚して09年4月に渡仏し、ビビリながらの生活風景をありのままに。


by onenote_fr
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:外出( 79 )

f0172583_1174876.jpg

鳴門から徳島へ移動してきて、まず向ったのは「中華そばいのたに」
旅行ガイドブックには必ず載ってるようですね。
店内の壁には有名人のサイン色紙がずらっと並んでいました。

f0172583_1152380.jpg

甘辛く煮込んだ肉とこってりしたスープでお腹いっぱい。
しっかり腹ごしらえした後は「眉山へ行きたいっ。お願いっっ!!」という訳で(苦笑)
今にも雨が降り出しそうな空と暴風の中、向いました。

f0172583_11114487.jpg

ロープウェイ乗り場に着いてみるとまさかの「本日強風の為運行中止」の看板が...。
当然諦めるつもりの私と、徒歩で山へ登る気満々の彼。
そして、嬉々として歩調軽やかな彼と泣き顔モードで登り始める私がそこにいた。
しかし途中から強めの雨が降り出してきてそこからの山道は険しいし私は途中で
断念し屋根のある所へ避難する事に。
彼は「行ってくる!」と笑顔で張り切りモード。一人になったとたん、駆け足で登る・・・
そして数十分後もまた駆け足で私の名前を呼びながら降りてきた。(笑)
「見て見て!」と嬉しそうにカメラに収めた動画で山頂からの景色を見せてくれました。

f0172583_11205155.jpg

高松へ帰ってきてからの食事はやっぱり讃岐うどん。
雨が降りしきる中、寒くて温かいものが食べたかったので通りかけてみつけたお店へ
迷う事なく入りました。ここは「五右衛門」というお店。
私は特選カレーうどん、彼はここのところすっかりお気に入りのおあげが乗ったきつねうどん。
[PR]
by onenote_fr | 2008-05-28 11:04 | 外出

鳴門へ

f0172583_10335659.jpg

高松を滞在拠点にし、見たい所へ電車で出かける私たちの旅。
この日は「鳴門のうず潮を見に行こう!」と張り切って出発しました。

母が徳島県出身という事もあって子供の頃から徳島は何度も行っているので本当のところ
鳴門のうず潮に関しては「うぅ・・・またかぁー」って思いがあったのですが彼に
「お願いっ!見たい!!!お願いしますっ!!」と懇願されると弱いのでありました。
いつもこんな感じで押し通されてしまう私・・・

この日は昨日と違って曇り空で気温も低く、風も強く遊覧船は揺れる揺れる!!
そうでなくても潮の流れで転覆寸前?と思う程に揺れる小さな船でうず潮見物。
デッキの手すりに必死にしがみつかなければ海に落ちてしまう・・・

で、見て下さいよ。
潮の満ち引きなどできれいに見える詳細な日時は決まっているんですって?
そんな事、すっかり頭にありませんでした。あぁ!調べておけば良かったなぁと後悔。
なのできれいに見える日以外のうず潮ってのはこんな感じなのです。(笑)
そして、パンフレットの写真のようなうず潮でなかった事を残念がる彼。
部屋に帰っても「うず潮、見てません〜!!!!」と泣き顔でジタバタしていました。
鳴門のうず潮を見る為には必ず事前チェックする事をおすすめします。

f0172583_104444100.jpg

長い有料エスカレーター(300円)で登ったエスカヒルの展望台から見た大鳴門橋。

f0172583_10525557.jpg

渦の道という大鳴門橋の遊歩道にある強化ガラスの床。
この後はバスで徳島へ向います。
[PR]
by onenote_fr | 2008-05-28 10:35 | 外出

祖谷そば

f0172583_2284495.jpg

かずら橋亭という大きなお土産センター内にて食べた祖谷そばです。
そばは太く名物のすだち七味も風味が増して美味しかったです。
彼ははじめて食べたという関西で言うところのきつねこと、
甘辛いおあげがすっかり気に入ったようでした。

f0172583_22132195.jpg

↑かずら橋亭があったところ。
これなんていう合宿?ってぐらいここへ行くのにずいぶん歩きました。

f0172583_22144962.jpg

ちなみにこちらは本日の朝食でした。UCCカフェだったかな。

f0172583_22182757.jpg

夜は大衆酒場へ。
実はここへ辿り着くまで彼は「ステーキとフリットが食べたいぃぃぃぃ〜〜」と
言うのでステーキ屋さんを探したのですがそういう時に限ってなぜか見つからない。
やっと見つけたと思ったら私たちには敷居が高すぎるお店だったり。
ステーキを諦め切れない彼と小一時間は探し回ったのですが、お腹が空きすぎて
看板の灯りに誘われてここへ吸い込まれてしまったのでした。
そして、ここで「肉的なメニュー」で済ませました。(笑)
[PR]
by onenote_fr | 2008-05-27 22:07 | 外出

祖谷のかずら橋

f0172583_2125295.jpg


四国ぶらり二人旅、二日目は徳島県西部方面の祖谷かずら橋へ。
JR大歩危駅からバスで向います。

f0172583_21341339.jpg


まわりの景色は山、山、山。
ちょっとした探検気分でわくわくします♪

f0172583_21394822.jpg


バスに揺られて停留所からさらに山道を下ると吊り橋に到着です。
一度渡ってみたかったんだよね!!

f0172583_21471152.jpg


足下はこんな感じ。そりゃ足もすくみますっ。>_<
平日だというのに観光客がわんさかで、吊り橋もゆっさゆさ揺れながら
押し合いへし合いしつつ、渡りました。
この隙間がなんともスリルがあります。

f0172583_21504732.jpg


吊り橋の下は美しい吉野川。

f0172583_2153448.jpg


橋を渡るとすぐにこんな滝もありました。マイナスイオンも浴び捲りっ。
滝水の霧状のしぶきが心地良かったです。

f0172583_21544461.jpg


渓流でせせらぎを聞きながら靴を脱いで足をつけてひと休み。
本当に気持ち良かったぁ〜〜〜♪

f0172583_22233.jpg

[PR]
by onenote_fr | 2008-05-27 21:23 | 外出

讃岐うどん

f0172583_2052057.jpg


この日は夜になっても暑かった!!
高松第一日目の夜は何があっても讃岐うどんでなくちゃね。
でも、ここはなんてお店だったか場所すらも失念しちゃいました。
私が頼んだのは「天ぷら冷うどん」ガラスの器が涼し気です♪
炭水化物と脂質という魅惑のダブルコンボの誘惑には勝てなかった私です。

本当はガイドブックに載ってるような有名店へ行ってみたかったんだけど・・・
彼はあまり食には興味がないみたいで、それよりも観光優先派。

f0172583_216543.jpg


そんな彼が選んだのは「カレー讃岐うどん」
えっと・・・あなたはカレーが苦手ではなかったでしょうか?
熱くてむせながら食しておりました。^^
[PR]
by onenote_fr | 2008-05-26 23:56 | 外出

栗林公園

f0172583_23152622.jpg


ベタすぎではありますがやっぱりまずはここよね、栗林公園!!
約3時間の船旅を満喫し高松へ着いてすぐに、陽が暮れちゃう前にと向ったのでした。
入り口で貰った地図を見てあまりの広さにびっくり。
歩くだけと侮っていた・・・いつのまにこんなに体力低下してたの、私?
いや、わかっていた事だけど旅のしょっぱなからいきなりお疲れモードに突入ですか!

f0172583_023194.jpg


歩き疲れながら、美しい緑に癒されながら・・・それって±ゼロ?
(池にはうようよ鯉が泳いでました。ちょっと怖かった!)

f0172583_051626.jpg


手入れの行き届いた庭園はさすがとても美しいです。
園内にはところどころに池や小さな滝や茶室などがありました。
私たちはここの名物、栗のソフトクリームを食べながらここを後にしました。^^
[PR]
by onenote_fr | 2008-05-26 23:14 | 外出
f0172583_21455161.jpg


MINT神戸から連絡バスに乗って第二埠頭へ・・・今日から四国旅行のはじまりです!
どうして四国なの?というと彼がまだ一度も行った事がないのでどうしても、という事で。
「四国へ行く。」と言うとまわりからは「八十八箇所巡り?」とよく聞かれましたが
全くそうではなく単なるぶらり二人旅。^^

f0172583_22204758.jpg


船は明石大橋をくぐって晴天に恵まれた穏やかな瀬戸内海を南下していきます。
そうそう、フェリーの旅ってのんびり&ゆったりしてるだけではなく
乗車料金も格安でお財布にも優しいのです♪(ここ重要)
神戸〜高松間はなんと片道1,800円なんですよ。往復だともっと安かったはず。

f0172583_22273414.jpg


昼食はフェリー内の売店で調達。
このお稲荷さんは出来たてほやほやでとっても美味しかったです♪
メニューを見て稲荷寿司を頼んだらまだ出来てなくて「もうちょっと待っててね」と
言われたのでぐるっとフェリー内を見物後に買いました。
まさかここで手作りだとは思ってなくてたかが稲荷寿司ではなかった事に感動!?
メニューは他に讃岐うどんなんかも扱っていてさすが高松行きだな、なんてね。

f0172583_22341798.jpg


フェリーはいくつもの小さな島や船を通り過ぎながら高松へ向います。
私たちのこの旅が今日の航海のように穏やかで快適でありますように。
[PR]
by onenote_fr | 2008-05-26 21:44 | 外出

城崎温泉の翌日

f0172583_21164221.jpg


旅館の和朝食♪
魚や湯豆腐、刺身こんにゃくに朝粥など普段ならあり得ない内容です。^^
これぞ旅館の醍醐味ですか!?自分では絶対無理〜。
こんな身体に良さそうな朝ごはんっていつ振りだろう?
朝粥とつくだにだけでもマネしたいなぁ、なんて思いました。

f0172583_21183752.jpg


旅館を出て駅に向う道中は温泉街の風情溢れる風景。
こんな人力車を置いている所もありました。

f0172583_21415896.jpg


帰りはJR特急「きのさき」号に乗って京都へ・・・
京都へ近付くにつれ車窓もどんどん都会になっていき現実世界へと引き戻されたような
気分になりました。
あぁ、またのんびり温泉旅行がしたいなぁ。
[PR]
by onenote_fr | 2008-05-24 21:10 | 外出

城崎温泉へ

しょっちゅう体調を崩して週末は寝込む事が多い私を気遣って温泉でのんびりして
リフレッシュしたら?と彼に連れてってもらう事になりました。
行き先は彼たっての希望で城崎温泉へ・・・
特急はまかぜに乗って出発です!

f0172583_19571241.jpg


電車の中で簡単なお弁当を。
実はこの日の朝にいきなりガスレンジが壊れて予定していた内容のものが作れず
おにぎりと、トースターで焼いた鰆の味噌漬と、きゅうりの浅漬けというしょぼい
ものになってしまったのでした。

f0172583_200292.jpg


風情のある街並で日頃の疲れもそれだけで吹っ飛びそうです。

f0172583_204418.jpg


旅館は大西屋水翔苑にてお世話になる事に。駅前から無料送迎バスで向いました。
http://www.suisyou.com/
広くて清潔でとてもきれいなお部屋でしたよ。



城崎といえば蟹なんですが、すっかりシーズン外だったのでお料理はしゃぶしゃぶがメイン。
でもちゃーんと蟹もちょこっとありました。^o^

f0172583_2075933.jpg


前菜の小鉢いろいろセットがとても楽しめましたよ。
中央の赤いのが食前酒、右下の餅麩がとっても美味しかったです♪

f0172583_22364051.jpg


この日は外湯に「御所の湯」へ行きました。
旅館はメインの通りから離れているんですが外湯への送迎も行っているので不自由する
事もなく下駄と浴衣姿でも便利に楽しめました。
f0172583_22472758.jpg

[PR]
by onenote_fr | 2008-05-23 19:49 | 外出