穏やかに平和に暮らしたい、そんな私の日々の断片(食中心)。結婚して09年4月に渡仏し、ビビリながらの生活風景をありのままに。


by onenote_fr
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

8月の義実家

f0172583_21581825.jpg
二ヶ月振りの義実家へ。
するとかわいいワンコがいるじゃないですか!!
話によるとご近所さんがヴァカンスに出掛けている間、預かっているそうで。
名前はリル、呼ぶと走り寄ってくる。

f0172583_2215112.jpg
庭をぐるぐる、見ているこちらが目がまわるほどの勢いで走ったかと思うと
居間のソファでウトウトしたり、とにかくかわいいです。

f0172583_2243526.jpg
車で出掛けるためドアを開けた瞬間にすかさず入って座席に。
あのー、そこ私の席なんですけど・・・

f0172583_2291664.jpg
ちょっと車を走らせた場所で蚤の市があると聞いて行ってきました!
この画像の門をくぐると広い庭があって、そこでたくさんいろんなものが売られています。
パリのヴァンブのような、プロがコレクター向けに・・・というものとは違って
家庭の不用品を売るって感じのものがメインの蚤の市。
だからお値段もすごく安い!

f0172583_22121022.jpg
かわいらしい小さな机を見ていたら「それ10ユーロなの」と話かけられ
立ち去ろうとしたら「8ユーロでもいいわよ!」と・・・値切る前に値下げしてくるなんて。
買うつもりなく見ていただけだから買わなかったけどね、楽しかったです。

f0172583_22191139.jpg
蚤の市から帰ると何やら美味しそうな匂い!
これはLa tarte aux mirabelles、ミラベルのタルトです。
ミラベルというのはすももの一種であるイエロープラムなんだそうです。
実はマスカットと梅をあわせたような見た目で、プラムのように甘く、皮のまま食べられます。

f0172583_22251446.jpg
今回も義母に作り方を教えてもらってきました。
というか、簡単すぎる・・・だって半分にカットして種を除いたミラベルを並べて焼くだけなんだもん。
でもそれだけなのにとっても美味しいのは豊かな土地で実った素材の良さなんでしょう。
たくさんミラベルを貰って帰ってきたので早速作らなければ。
帰る度に日用品から食材からワインやら何やらたくさん持たせてくれるので、家計は大助かり!
しっかり消費しなければです。
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-31 22:30 | 外出

鮭ときゅうりの混ぜ寿司

f0172583_173695.jpg
焼き鮭をほぐして塩揉みしたきゅうりと胡麻を混ぜた簡単混ぜ寿司です。
トッピングは紫蘇!友人に紫蘇の鉢植えを頂いたので育ててます♪
鮭は脂が多くて焼いてる最中から脂が出る出る・・・
なのに、アルミホイルに身がくっつくくっつく・・・
日本からくっつかないホイルは絶対持ってくるべき!と思っていたのに
出国当時はバタバタしてて、それどころじゃなかったのよね。
今秋の一時帰国の際にはたくさん買って帰るぞ!!

f0172583_1762893.jpg
日本食用に使うお米はこれ。
パッケージは日本語も書かれているけど、カリフォルニア米らしい。
オペラ座界隈にある日本食材店だと4.70ユーロだけど、近所の中華系スーパーじゃこの価格。
モノプリなどのスーパーには置いてないけど、近所でいつでも買える♪
「ゆめにしき」というお米が美味しいという噂だけど、日本食材店で値段みて断念しました・・・。
「玉錦」というお米は「錦」より美味しいらしいけど、それは見つけられなくて。

家は炊飯器がないので、炊くときは鍋。
ガスレンジなら「最初強火~噴きこぼれ直前に弱火」なんだけど、我が家は電熱なので
「弱めの中火~途中からかなり弱火」で20分くらいでゆっくり炊いて、その後しっかり蒸らします。
これだと鍋底がおこげになりにくい。
しかし面倒じゃのぅ・・・
炊飯器はこちらでも売ってるけど、いつ時代の?ってぐらい型が古っぽくて買う気にならないよ。
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-27 17:31 |

コーンポタージュ

f0172583_1854861.jpg
夏といえばとうもろこし!
新鮮なとうもろこしをハンドミキサーを使ってポタージュに。

なぜかスーパーのスープ売り場には、コーンスープが売っていないのでどうしても恋しくなって
自分で作りました。もう少し牛乳入れても良かったかな?ちょっと濃かったけど・・・

夏の暑い時にスープ?
はい、フランスも天候や日時によるけど家の中はクーラーがなくても快適なんです。
扇風機だってあまり使わないぐらい。
なので冷製じゃなくても、温かいスープでも平気なのです♪

そういえば、こちらではセミの鳴き声を聞かないな・・・
以前住んでいたところは朝夕に清涼感あるひぐらしの声が響いて風情があったなぁ。
影のない歩道を汗かきながら一瞬でいいから真冬にならないかな?とか考えつつ
駅まで歩いていた日々が今では懐かしい。
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-25 19:16 |

ジロール茸

f0172583_2391116.jpg
これ、girolleという種類のきのこ。
映画「かもめ食堂」でもたいまさこさんが森で摘んでいたのはこれだよね?
マルシェで一軒だけこのきのこを売っていて、一盛りいくらか尋ねたら約7ユーロと
結構なお値段だったので、半分だけ売ってもらいました。
1キロ=13.80ユーロと看板に書かれてたかな。

f0172583_23333346.jpg
今回はクリームパスタにしてみました。
なので、きのこ本来の味はよくわからなかったんだけど強い癖もなく美味しく頂きました。
こちらではブナピーもえのきもほとんど見かけなくてさびしい思いをしていましたが
ジロール茸ならそれらに劣らず?いろんな料理に使えるかも!とほっとしています。
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-21 23:39 |

白菜その後

f0172583_22562257.jpg
先日マルシェで見つけた白菜は日本のものより小振りサイズだったので
前回のロール白菜と、今回のクリーム煮とトマト煮ですべて消費出来ました。
白菜とベーコン、鶏胸肉、玉ねぎを使用したクリーム煮。
スーパーで売っている鶏のもも肉は、たいてい骨付きなので買うのはいつも胸肉ばかり。
肉汁ジューシーなもも肉の唐揚げが恋しい・・・

f0172583_2303856.jpg
こちらは先日の昼食。
白菜、玉ねぎ、じゃがいも、ソーセージ、人参入り豆の缶詰などを適当に混ぜて煮ました。
摩り下ろした人参と一緒に炊いたポロポロご飯はコンソメ味。

食べ飽きる事なく、使うことなく捨てたりせずに、白菜を消費出来た事が嬉しい♪
小振りサイズな白菜だからだね!
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-21 23:07 |

夏の運河沿い

f0172583_16365942.jpg
週末になると「どこへ行く?」と聞いてくる彼。
どこでもいいから出掛ける=それが週末、って思ってる模様。
私はどこと聞かれても行きたい所が思いつかないし、そもそもどこに何があるのか
よく知らないから毎回「どこでもいいよ」と決まった返事しかしないのに毎週質問される。
前もって決めてればいいんだけど、私は出掛けなくても平気なんだけどなー。
でも彼的には、出掛けないのは不健康だからと近所でもなんでもいいから出掛けたがる。
f0172583_16474480.jpg
で、足を向けたのはパリ北地区に位置するOurque運河。
期間限定で子供向けのボートや遊具があったり、簡易カフェが設置されていたりして
普段以上に人出があって賑わっている様子。

画像にはないけど、ミスト状の水が降り注ぐブースがあったり、
水際ではお弁当を広げたり、私たちのようにただ散歩する人たちもたくさん。
f0172583_16485883.jpg
さっきまで空に浮かんでいた白いバルーンを持っているお兄さん、服装も真っ白だね。
バルーンにはカメラが付いていて上空からの景色を撮影していたのかな?
この後、背後の車にバルーンを押し込めて移動しちゃいました。
f0172583_16541629.jpg
遮断機が下りて待っている人たち。
実は歩道橋が上に移動しているのです。
f0172583_165957100.jpg
そして、持ち上げられた歩道橋の下を観光客がいっぱい乗った遊覧船が通ります。
上下移動する歩道橋に並んで、普通の階段つきの歩道橋もあるので急いでる人はこちらを利用。
f0172583_177872.jpg
そう言えばまだ遊覧船の類に乗ったことなかったなぁ。
こっちの運河じゃなくてセーヌ河のほうでライトアップされたエッフェル塔やノートルダムを見ながら
ディナークルーズとかしてみたい♪
前にハリセンボンの二人が弾丸トラベラーって番組でやってたのを見たなぁー。
f0172583_1715258.jpg
わぁー、噴水だあ!と近寄ってみると水が緑色・・・キタナイ。
通り過ぎる人が「何これ、ヘンだね!」と言ってたけど、私も同意です。

今週末はどこへ行こう・・・?
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-18 17:24 | 外出

ロール白菜

f0172583_5455974.jpg
マルシェで白菜を見つけたよ!
思わず季節を無視して何も考えずに買ってしまいました。
で、煮込み料理とはこれまた季節外れですがロールキャベツならぬロール白菜を作りました。

ヴァカンス真っ只中のフランスは、マルシェもお休みがちで生鮮スタンドはいつもより少なく、
空いたスペースで化粧雑貨や洋服などが代わりに売られていました。
もちろん野菜や果物はいくらでも売ってるのですが、スタンドによって扱う品物が違うので
エシャロットやきのこ類は、探さなければなかなか売ってなかったり売り切れになってたり。

今日マルシェで買ったものをリストしてみました。
・じゃがいも
・白菜
・トマト
・鮭
・りんご
・バナナ
・ネクタリン
・ローストチキン↓

f0172583_5595327.jpg
先週に続けてまたしても良い匂いに誘われて買ってしまいました♪
やっぱり美味しい!皮にたっぷりついたスパイスがたまらないのです。
でも今回は胸焼け回避のため皮を食べませんでした。笑
そうそう、前回値段を2.40ユーロと書いたけど正しくは2.20ユーロでした。安い!
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-16 22:40 |
f0172583_430035.jpg
先週からのあれこれをまとめて書こうと思います。
私たち夫婦、順番に軽ーくお腹を壊したりなんかしてちょっとブログも遠のいていました。

フランスへ来てからもう4ヶ月以上が経ったのですが、先週ようやく滞在許可証を受け取りました。
今までは紙製のレセピセという仮の許可証だったのが正式なパウチっこ(古っ)されたものに。
しかし、すんなりと滞在許可証を受け渡してはくれないのがフランス。
フランスについての短いビデオを見せられたり、フランス語のミニテストや面談、
身体測定(上半身真っ裸になってレントゲン撮影も)などがあって午前中いっぱいかかりました。

f0172583_4371580.jpg
スコッチエッグなるものを初めて作りました。
単なるハンバーグでも面倒なのに、ゆで卵を作ったりフライ衣をつけたりと手間がかかるねぇ。
しかも高カロリー!もう当分作らないだろう・・・(というか作りたくないだーよ)
こういう料理の時はスパッと切れ味の良い包丁が欲しい~と思いますね。
f0172583_4401188.jpg
オートミールって栄養価が高いらしいですね!
で、少しでも健康的にとちょっぴり期待を込めて買ってみました。
缶入りやらいくつか種類があったのですが、こちらは20gずつ小分けになっているタイプ。
パウンドケーキに混ぜたり料理にと使ってます。

f0172583_443322.jpg
これはオートミールとツナのハンバーグ。
他にもコーンやグリーンピース(缶詰)なども入ってます。
醤油などで下味をつけてから丸めて焼くだけ、もっちりした食感でした。
この日は和食、他に肉じゃが(こちらもグリーンピース入り♪)と人参サラダも作ったよ。
彼は肉じゃがを「日本のポトフ」だと言ってました。

f0172583_5134268.jpg
こちらはキュウリとオートミールの餃子。
リンクさせて頂いているizumiさんのエキサイトブログ、
「vege dining 野菜のごはん」から拝見したレシピで作りました♪
オートミール大活躍!すごくもちもちして、食べ応えがありました。
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-16 22:05 | 思い

Cuisses de Poulet

f0172583_1722688.jpg
マルシェへ行く度に気になっていたのはローストチキン。
くるくると回転する棒にいくつものチキンが刺さっている状態で焼かれている。
スパイスをたっぷり振りかけるので辺りはそれはもういい匂いが漂っている。
なんとなく素通りしていたんだけど、どうしても一度食べてみたくてやっと買ってみた。

鶏を丸ごと焼いたローストチキンはひとつ10ユーロだけど、画像の股肉なら2.40ユーロ。
カレーに似たスパイスでしっかり味付けされていて、とっても美味しかった!

そういえば、家のオーブンもローストチキンが作れるように回転する棒がセット出来るものだけど
でもねぇ~まだまだ自分で作ろうという気にはなれないでいる・・・。
そんなに難しいものじゃないんだろうけどね。

画像を追加しました!
  ↓
f0172583_2451864.jpg
お米は袋をお湯で温めるインスタント式のもので、
袋には小さな穴が無数に開いています。
ぽろぽろしてるのでお箸では非常に食べにくいのが難点。
日本米は最寄のスーパーには置いてないし、あっても高いので日本米でなくてもいいような
食事の時はもっぱらこのようなお米を炊いています♪
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-09 13:21 |

サモサとお弁当

f0172583_16543614.jpg
餃子の皮が余っていたので、
サモサという揚げ餃子のようなインド料理を作ってみました。
本格的なものではなくて、茹でてつぶしたジャガイモをベースに
みじん切りにした人参や炒め玉ねぎを加えて、カレー粉で味付けしたものを
餃子の皮で包んでさっと油で揚げるだけのナンチャッテ・サモサです。
これを最近お気に入りのスウィートチリソースをつけて食べました。

彼は「これ、明日のお弁当にお願い!ソース付で」と言うので今朝用意しました。
f0172583_16585053.jpg
これだけじゃ足りないだろうから残り物の茄子の煮浸しと玉子焼き、おにぎりもつけて。
フランスは湿気が少ないのでレタスも大丈夫かな?と思いつつ丁寧に洗って、
キッチンペーパーで水分を拭って添えました。
こんな簡単なお弁当でもなんだか朝から忙しかったよ・・・
なんせ朝7時半に家を出るからねー。
毎日は絶対無理だ!
f0172583_1762192.jpg
日本に帰ったら四角い玉子焼き用フライパンと
美味しい明石の焼き海苔を買いたいな、と思ってます。
あと、押し寿司用の型とか油引き用刷毛だとか、サランラップとか・・・
書き出したら止まりません。
[PR]
by onenote_fr | 2009-08-06 17:10 |