穏やかに平和に暮らしたい、そんな私の日々の断片(食中心)。結婚して09年4月に渡仏し、ビビリながらの生活風景をありのままに。


by onenote_fr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

朝食タルト

f0172583_22341445.jpg
私がリンゴを買う時は、そのまま食べるのではなくて
たいていはタルトやマフィンなど加工して使うため。

マルシェでは微妙に赤の色や表面のつやなどが違う種類のリンゴを売っていて
いつもどれを買おうか迷ってしまう。
お店の人に「タルトに使いたいんだけど」と訊ねると「これとか、これとか・・・」って複数を指すので
結局美味しそうに見える赤いのを選んでしまうんだけどたまには冒険してみようと
ゴールデンという種類を買いました。

タルトに使うのは3個。
味音痴の私にはあまり差がわかりません・・・やっぱり赤でも青でもどちらでもいいのね。
f0172583_22382290.jpg
このタルト、朝食用に焼いたんですが皆さん朝からタルトでも平気ですか?
彼はリンゴのタルトが大好きなので大喜び♪
「これは今日の分、ここは今夜のデザート、ここは明日の朝・・・」と八等分にカットしてました。

我が家の朝食は「パン・オ・レ」というほんのり甘いパンか、一口サイズのマドレーヌなど
袋から出してすぐ食べられる簡単な朝食です。
野菜も果物もたまごもなーんにもなし。
飲み物は私は砂糖なしのカフェオレで、彼はこれまた甘~いネスクイック。

本当にこんな朝食でよいのだろうか?
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-30 22:58 |
f0172583_0224100.jpg
数ヶ月前に一度お邪魔したお宅へ二度目の訪問をした週末。
旦那さんの趣味で部屋の片隅にこんな兜をオブジェにしています。
だからといって日本に興味があるわけではないらしい。
そんな旦那さんに対して奥さんのほうはというと、ブロカントで見つけたアンティークの額縁を
使用した大きな鏡が一番のお気に入りという。
暖炉に模したシンプルな現代風の暖房器具の上に設置されています。
対照的なテイストをモダンな家具と共ににまとめていて素敵だなぁ~!と感心しました。
壁はどの部屋も一部だけペイントしており、このリビングはグレーがかったラベンダー色。
これも奥さんの趣味でご自身でペイントされたんだそうで、インテリアに関する話はとっても
楽しそうに「見て見て!」という感じで話していました♪

f0172583_0263683.jpg
お二人には7歳の長男、4歳の双子の女の子の三人のお子さんがいて
みんなそれはそれはかわいい!!
ほんの数ヶ月の間にずいぶん背が伸びていて子供たちの成長の早さにびっくり。

↓手前二人が双子ちゃん。
f0172583_0402333.jpg
義姉が連れてきたワンコをぎこちなく散歩させてるシーン。笑
上がルディで下がオフィリー。
f0172583_0543271.jpg

素敵なお宅から帰ってくる度に
我が家のインテリアもなんとかならないものか・・・と考えてしまうのでした。
好きなテイストがたくさんありすぎて、どうまとめていいのやらで手付かずのまま。
私にはこちらのお二人のように違うテイストを上手くまとめるセンスはないし~!
インテリア雑誌でも買ってこようかな、と思いました♪
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-28 18:00 | 外出

キノコ和風パスタ

f0172583_595878.jpg
昨日はいつもの頭痛で学校へ行くのは無理だな・・・と口にしたところ
彼が「一度病院へ行こう」と言ったので従うことにしました。
我が家の電話の横に日本語の通じるお医者さんリストがあるのでその中から
内科を選んで電話をしたけれど、今日は先生はこちらにいませんとの事で
別のところへ予約を入れました。
それは義姉のところで、車で小一時間ほどのところへ行ってきました。

義姉は「Médecin Chinois」でつまり鍼灸師をしていて、ここのところの私の体調や
痛い箇所を説明した後、服を脱いでベッドに横になるように言われました。
ベッドのマットは電気で心地よい暖かさに設定されていて、上に使い捨てのシートを敷いています。
ひざは三角形のクッションに乗せてラクな姿勢でいられます。

そして、いよいよ針治療。
20数箇所に針を刺し、しばらくそのままに。
その後、お腹をオイルマッサージ。
あとは目のまわりと首筋から肩をかなり強くマッサージされました。
その日まで首はすごく痛かったけど、その後はとても軽くなりました。
そして、その時は体調をメインに伝えていて、それまで何週間か左足裏の土踏まずがずっと
痛かったのを言い忘れていたのに、針治療を終えるとすっかり痛みが消えていました!

針治療を終えると義姉からはまた別の専門医へ行くよう言われたので、明日行ってきます。
それと、毎日1リットルのVICHYのSt-Yorreというガス入りミネラル水と
寝る前に温かいお湯にはちみつとレモン汁を混ぜたレモネードを飲むように言われました。

今夜の食事は醤油ベースのキノコ和風パスタ。
語学学校の近くで平日にあるマルシェに寄ってみたら、先月キロあたり14ユーロだった
ジロール茸がなんとそこではたったの5ユーロだったので、500グラムだけ買いました。
それで、今夜はマッシュルームとジロール茸を使ってパスタに。
まだまだジロール茸があるので、今度は炊き込みご飯でも作ってみようかと思ってます♪
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-24 22:08 |

ごまだれ冷麺

f0172583_5384399.jpg
ここ数日は肌寒いというよりしっかりとトレンチコートやジャケットが必要なほどで
それらをシックに着込んだ人々が街を行きかうようになりました。
まだ夏気分でうっかり半袖で出てきてしまった人をつい最近まで見かけたけど
さすがに今はもういません。
こちらは寒い季節のほうが長いせいか、冬の装いのほうが得意なんでしょうか?
皆さん夏服より断然お洒落に見える気がします。
秋になってしまったんだなぁもうそんな季節なんだなぁ、なんて思っていたんですが。

ところが、昨日今日と汗ばむほど暖かい!
なので、冷麺を食べるチャンスかな?といそいそと作りました。
今夏は既に何度も作ったけれどそれでも食べ飽きる事がありませんでした。
毎回酢醤油のタレなんだけど、練り胡麻があったので胡麻ダレにしてみました。
初めて胡麻ダレを作ったけど分離するし、本当にこれで良かったのかな?と謎です。
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-19 20:10 |
f0172583_5205371.jpg
今日は三回も外出して慌しい一日でした。
まず、午前中は車でスーパーへ行って食料品の買いだめに。
お昼に帰ってきて画像のサンドウィッチを食べたらホームセンターへ出掛け、
また帰ってきて次は徒歩で別のホームセンターと薬局へ行き・・・
キッチンにステンレスの吊り棚を設置するためのネジやらこまかい材料を
調達したわりに、まだ設置されていないという・・・。
彼は「また来週ね」と。ちょちょいと出来そうなものなのにね~。

ピクルスが大好きな私たち、サンドウィッチには欠かさないアクセント。
薄切り食パンのサンドウィッチも好きだけど、バゲットサンドは簡単だからいいね♪
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-19 12:19 |

スペシャル・パスタ

f0172583_22392571.jpg
とても疲れていたある日、
彼が料理をしてくれるというのでまかせることにしました。
何を作るのか訊ねると「スペシャル・パスタ」との返事。


どのようなスペシャルなのかとワクワク気分で期待した私が馬鹿なのか、
それともそれをスペシャルと言う彼が馬鹿なのか?

f0172583_22421442.jpg
なんと出された料理は
茹で上がったパスタに缶詰のソースをかけただけの粗末なものでした。
しかもソースは温めもせずに、缶からダイレクトにかけて。
熱々パスタと常温ソースのコントラストが素晴らしい!んなわけないじゃん。

ど~・こ~・がっ!スペシャルなんですかーっ?と怒り爆発寸前の私。
いや、スペシャル”簡単”なパスタなんだって、気付いてないだけ。

だが、食べてみて・・・このチープな味が・・・なんだか懐かしく思えた。
スーパーでしょっちゅうセール価格で売られているマ・マーのレトルトソースの味に似ている。
貧乏舌の私には「悪くない」と思える、むしろ「好きかも知れない」味だった。
そう思うとこの缶詰のパッケージがまぶしく見えてきた。
単に輝いているデザインと明るいイエローというカラーに騙されているのかも知れないけど。
(私は騙されやすいタイプ)

というわけで、それからは我が家に常備されるようになったとさ、おしまい。
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-16 22:55 | 彼の料理

メトロの乗り換えで

f0172583_514585.jpg
学校帰りに友人宅へ遊びに行ったんだけど、
普段使わない駅で乗り換えでぼんやりしていたら乗り換える前に改札を出てしまった!
なんてドン臭いの・・・と落ち込む前に切符がもう一枚必要になってしまった~!と
セコイ考えが頭を巡る私。

ダメ元で窓口の駅員さんに話したらその切符で改札を通っても良いって感じで
「Passez」と言いながら手でどうぞとジェスチャーで承諾してくれて♪。
窓口は混雑していたのに、ここパリなのに、親切な対応なんて珍しい!とちょっと感動でした。

さてさて、学校なんですが。
週が新しく始まる毎に新しい人が入ってくるので、授業がちっとも進みません。
いつまでたっても自分の身分を証明するための書類の書き方だとか、
それらの質問の受け答えだとか・・・ 動詞なんかはêtreとavoirしか習ってません。
それも何度も何度もそればっかりで。
この調子で期限がきて終了になりそうな予感。
そうなると私はちっとも話せないままなの?無料だと仕方ないの?
つーか家でももっと勉強しろってこと・・・だよね・・・
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-15 05:30 | 外出

Le steak haché

f0172583_529482.jpg
ハンバーグのような楕円形に形成されて売っている挽肉。
ステーキは歯応えがありすぎてアゴが疲れる、そんなお婆さんのような私にはこれが良い!
Le steak hachéは、ステーキとハンバーグの間みたいな感じです。

玉ねぎとマッシュルームを炒めてケチャップやらワインビネガーやらで、ソースを作って
見た目ハンバーグみたいな出来上がりになりました。

スーパーに行くと相変わらず彼は勝手にsteak haché用のパックをカートに入れるので
我が家は度々このメニューになります。
焼くだけで手軽でいいんだけどね♪
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-10 05:38 |
f0172583_4595842.jpg
ミラベルのタルトのはずが途中で足りなくなって、中央だけリンゴを使用です。

今月から通っている語学学校、今日ももちろん行ってきました。
隣にインド人男性が座っていたので少し話しをしました。
彼はレストランで料理人をしているけれど、パソコンで株のトレードもしているとか
奥さんがフランス人なので今年の5月に渡仏してきたとか、そんな話をしました。
彼から私には、仕事をしてるのかとか、旦那さんはどんな仕事してるの?とか聞かれたり。
たどたどしいながらの私のフランス語も彼にはちゃんと通じたようで、一応会話らしいものが出来て
すごく嬉しい気持ちになりました。

夫と会話する時は私がちょっとおかしなフランス語で話していてもだいたいの意味が
通じてしまうので、正しい言い回しを教えてもらえなかったりで私のフランス語が上達する事も
なかなか難しかったのです。が、学校へ行き出すちょっと前から、間違って言ったフレーズを
正しく言い直してくれたり、知らない単語も積極的に教えてくれるようになりました。

逆に彼は日本語を使いたい人なので、日本語で懸命に会話してくるのですが彼の話す日本語は
いかにも外国人!という感じ。それでも、私も彼と同じでだいたいわかってしまうのでついつい
正しく言い直して教えたりを怠る事も多くて。でも最近は細かくても訂正するようにしています。

今までがそんな感じだったので、お互い上達できないね!って事で訂正しあうようになったから
今後はもう少しマシになるかなぁ~?なるといいなぁ~!と思ってます♪

f0172583_5204965.jpg
タルトの生地は市販のパイ生地を使用。
これのおかげでタルトを作るぞ!と思える私。
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-10 05:25 |

Fricassée de courgette

f0172583_22364425.jpg
義母に教わった「Fricassée de courgette」という料理。
Fricasséeはクリーム煮、courgetteはズッキーニのことです。
この料理、砂糖は不使用なのにとっても甘くて美味しかったので自分でも作ってみました。
ちょうど巨大な、通常の7~8倍はありそうなズッキーニを義実家から頂いていたので。

では、まずは材料から。
・ズッキーニ 通常サイズなら4~5本ぐらい。巨大なものなら1本で。
・玉ねぎ 1個
・オリーブオイル 少々
・生クリーム 大さじ3ぐらい。
・塩・コショウ お好みで。
・Roquefortチーズ ほんの少し。なければ省略可。

1.フライパンに少量のオリーブオイルを熱し粗みじん切りにした玉ねぎを中火で炒める。
2.ズッキーニは縦半分にカットし、ワタや種を取り除き、緑色の皮部分をピーラーで剥き
  1cmほどのサイコロ状に切る。
3.フライパンにカットしたズッキーニを加える。
4.蓋をして弱火でじっくり、材料がくったりするまで火を通す。
5.塩コショウで味付けする。
6.生クリームを加える。
7.最後にチーズを少し加える。(小さじ1/4ほど。入れすぎに注意!)

本来、ズッキーニのフリカッセはメイン料理ではないんだけどあまり肉とか食べたくなかったので
この日はこれがメイン・・・ いいのか?こんな食事で・・・
最近あまり手の込んだ料理してないね、とここを見た母に指摘されましたが、確かにと思う。
こっちではちくわや厚揚げなんかはすぐには手に入らないから作りたいものが作れない。
自分で料理に工夫するなんて私にとってはハードルが高すぎるし。
なので、この頃は献立を考えるのが億劫だったりする。もちろん作るのも。たはは・・・

f0172583_225340100.jpg
こちらの生クリームは発酵させた濃厚なものらしい。
手前がRoquefortチーズ、ブルーチーズの一種でとても強い癖のある香りが特徴なので
料理にはほんの少しでOK!なようです。
[PR]
by onenote_fr | 2009-09-09 23:08 |