穏やかに平和に暮らしたい、そんな私の日々の断片(食中心)。結婚して09年4月に渡仏し、ビビリながらの生活風景をありのままに。


by onenote_fr
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0172583_2552762.jpg
フランスへ来るまでは、日々の料理はこちらの食材で様々なものを作ろう!
そう思っていた。わざわざ高い日本食材を買ってまで和食にする必要なんてない、
フランスには美味しいものがたくさんあるんでしょ?だって食の都でしょ?
そう思っていたのにである。

フランスのスーパーは最初こそ珍しくてウロウロしたけれど、豆腐も油揚げも竹輪もないし
食材を見ても「よし、今夜はあれを作ろう!」という想像力が湧かなくて
気付いたらブツブツと文句を言いながら和食を作ることが多い。
あれもない、これは高い、そう言いながら・・・

ちらし寿司には、蓮根やキヌサヤを使いたかったけど入手困難なものは諦めて
具材は、高野豆腐、にんじん、油揚げ、干し椎茸で。
浅漬けの素で作ったきゅうりを添えて。

寿司酢と柚子酢を混ぜて使ったので、とってもさわやかなお寿司に仕上がりました。
[PR]
by onenote_fr | 2010-01-26 03:05 |

明太子パスタ

f0172583_2505190.jpg
日本からの船便に入れておいた明太子パスタの素。
私はこういうB級な味が大好き!軽いものなんだからもっと買えば良かったなぁ・・・
夫は辛いものが苦手なのでこれは夫がいない昼食時に一人でこっそり楽しむ用である。

f0172583_2522659.jpg

[PR]
by onenote_fr | 2010-01-26 02:53 |
f0172583_16321482.jpg
夫はハンバーガーが大好きです。
特に日本のハンバーガーが好きで、昨秋の旅行時では幾度となく付き合う羽目に。
とか言いながら私もハンバーガーの類は好きなんですが。
日本で初めて食べてすごく美味しい!と思ったのはロッテリアだったそうです。

f0172583_16292094.jpg
その一番美味しいと思ったロッテリアをあっさりとモスが覆したそうです。
何気にポテトも美味しいですよね♪

(画像ちょっと待ってね)そのモスもまた覆したのはフレッシュネスバーガーでした。
でも一番美味しいと言うには、モスとフレッシュネスは僅差らしくて悩んでますが
日本のハンバーガーが一番!とそこは迷わず決定のようです。

f0172583_16581672.jpg
f0172583_1702244.jpg
フランスにはないから、という理由で食べた照り焼きバーガーはイマイチお気に召さなかったよう。
そういえばつい最近、マクドでオーダーしたマスタード風味のハンバーガーも半分で
ギブアップしていたので結構好みにはうるさいのかなぁ?
日本のマクドナルドの店内はフランスとは比べ物にならないほど清潔だと驚いていました。
確かにこちらの汚さと言ったら・・・しかもこっちの人、混んでたら勝手に合い席してくるし
ちょっとびっくりしました。
トイレを利用するのも、レシートに打ち込まれたコード番号を入力しないとドアが開かない
仕組みになっていてタダでは利用出来なかったり。

話は戻って日本での三週間、ほぼ外食だった私たちが一番食べたのはハンバーガーかな!
今頃になって懐かしんでいる私です。
[PR]
by onenote_fr | 2010-01-18 17:08 |

やきそばでぼやく

f0172583_513790.jpg
日本食品の店へ行った時に買った蒸し麺でやきそばを作りました。
その時に紅しょうがも買ったんだけど、味に程よくアクセントがついてこれはなくちゃだめ!と
初めて紅しょうがに対してそんな風に思いました。
だって普段はついつい省略するんだもん。

しかしだ、フランスのスーパーで売っている豚肉の薄切りは5ミリ位ある厚さで
どこが薄切りやねーん!と言いたくなります。
日本ならしょうが焼き用のちょっと厚めの肉ですよ。
厚みだけならともかく、ところどころに骨がついてるのはなんとかならぬのか!

しかも、キャベツ。
葉が硬くてこれもまた分厚い。春キャベツなんて存在すらしないんだろうな・・・
そんなキャベツを丸ごと一個買ってしまったし(というか一個単位でしか買えない)
近々お好み焼きを作らないと。

そういやカップ焼きそばはなんと一個5ユーロ前後!高過ぎるし。
誰が買うかぁーっ、買ったら負けな気分なんで買わへんぞっ!とか思ってみたり。

あーブツブツ・・・ついぼやきたくなる。
[PR]
by onenote_fr | 2010-01-18 05:21 |

コロッケとオムライス

f0172583_501668.jpg
コロッケを作るのなんて何年振りだろう?
一人暮らし時代ならまず作らない。
だって美味しいコロッケはどこでも買えるし、しかも安価だ。
最近はスーパーの惣菜コーナーでだって揚げたてを湿気ないよう袋に入れて売ってるし。
それなのに、フランスではコロッケなんて見当たらないもんだから作るしかない。
そうやってなんでも手作りするのはいい事なのかも知れないが・・・
お店で売ってるものはやっぱりプロの味なんだよね~、水野屋のコロッケが食べたいな。

そういえば昔は母もコロッケを作ってくれていた。
スパゲティーのミートソースが余ればそこにじゃがいもを足してコロッケにしていた。
ほんのりトマトケチャップ味のコロッケには我が家では醤油をかけていた。
今なら絶対ソース派だけど、その頃はなぜか醤油だった。

f0172583_55396.jpg
多めに作っておいたケチャップライスをオムライスに。
アボカドはみじん切りにしたエシャロットにマヨネーズと醤油で和えてオーブンへ。
夫はこのアボカドグラタンがとても気に入ったみたい!
次は丸ごと一個一人で食べたいんだそうだ。笑
[PR]
by onenote_fr | 2010-01-18 05:09 |
f0172583_4372929.jpg
先週の木曜、金曜日と二回に分けて船便の荷物が届きました。
郵便受けに「管理人さんが荷物を預かっています」というお知らせ票が入っていたので
管理人室へ取りに行ってきました。
「あなたの家族から?」と聞かれたので
「これは私が二ヶ月前に日本へ行った時に送ったものです。」
と言うと「二ヶ月もかかるの?!」とびっくりしていました。

荷物には日本のお菓子やら海苔、ふりかけ、うずまきあげや麩、いりこ干や出汁昆布、
サランラップ、細々した日用品など。
二箱もあるのにたったこれだけ?と感じてしまう。

そうそう、友達から頂いた柚子酢も無事に届きました。
何に使おうかな~!とってもワクワク♪ さちP、ありがとうね!!
f0172583_4444085.jpg

[PR]
by onenote_fr | 2010-01-18 04:49 |

最近のあれこれ

f0172583_22442341.jpg
何か用事がない限りこちらの冬は出掛けるのが非常に億劫です。
その上、今は雪の降る日が多く道が凍って滑りやすくて危険です。
そんな寒い日にお寿司が食べたくなって日本食レストランへ行きました。
温かいお味噌汁と漬物付で16.80ユーロでした。

ところで、昨日は第二回目のエシャンジュのため待ち合わせの駅へとメトロに乗りました。
今回は病院の予約の仕方を勉強しましたよ。
まずはジェネラリストへ行く場合と、直接専門医に予約する場合があること、
専門医へ電話した際にジェネラリストへ行く必要があるか尋ねるなど知りたかった事や
聞き取れなくてもう一度言ってもらうための丁寧な台詞とか。笑

彼女のほうは先週に引き続き数の数え方を覚えたい!ということでおさらいと、
デパートの売り場の名称や扱う商品の名称など・・・単語が中心でした。

そして今日は先ほどマルシェへ買い物へ行ってきたけれど、珍しくすんなり聞き取ってもらえて
スムーズに買い物が出来ました。
買ったものは、人参1本、キャベツ1玉、長ネギ1本、じゃがいも4個、たまねぎ4個、みかん5個。
いつも利用する八百屋さんはこんな風に少量ずつでも嫌な顔せずに買い物が出来るんです。

以前、ビニールに欲しい分だけ入れて精算してもらうスタンドで買い物したら、秤にのせる前に
勝手に2~3個付け加えられた事があるので、それ以来そういう所は利用しなくなりました。
そういう事をするところはたいていレシートもくれないし、前なんてお金を払ったのに
まだ代金もらってないよ!と言われたりも!
たった今払ったじゃないと言うと「あぁそうだったね」と・・・勘違いだったのかわざととぼけたのか?
なので、マルシェは信頼出来るスタンドを見つけるのも大切なんだと思います。
[PR]
by onenote_fr | 2010-01-14 23:09 | 外出

エシャンジュ

f0172583_084869.jpg
冬のマルシェは果物が少なくてつまらない・・・という話じゃなくて。
ここフランスへ来て9ヶ月にもなりますが、時々マルシェへ行くのが億劫になります。
欲しい物の名称と個数やグラム数を伝えたり値段を聞き取るのが未だにスムーズじゃないから。
なかなか聞き取ってもらえなかったり、眉間に皺を寄せて聞き返されたりすると
ますます自信を失ってしまうのです。

マルシェへ行った時にこの野菜はどうやって調理するの?なんて質問をしたりなどの
会話が出来るレベルに達するのはいつの日だろう?そんな日は来るんだろうか?

とそんな中、知り合いのフランス人女性から「エシャンジュ(言語交換)しない?」と持ちかけられ
先週から一時間ずつ教えあうことになったのです。

私は何かを登録するときの会話の練習や、数の聞き取りなどを中心に教えてもらいました。
数の聞き取りはマルシェで値段を言われた時を想定して数字の後にユーロをつけて練習。
特に数字の2と12の発音の違いを聞き取ることと自分で発音することなど、難しかった・・・

私から彼女へは、日にちの数え方、ついたち、ふつか、みっか・・・はつか・・・
物の数え方、個やら脚やら台やら・・・

先週は第一回ということもあってネタに尽きることはなかったけど、
教わるよりも教えることの難しさを痛感しました。
なので、今週は問題と例題を紙に書いたりと今準備中です。
言葉に成長が見られないとあせります。まだ来たばかりだし、
という言い訳はそろそろ通用しないので頑張らないとと思うのですが。
今年はもう少し成長しなければなぁと思っている次第です。
[PR]
by onenote_fr | 2010-01-12 16:25 | 思い

2009から2010へ

f0172583_21224230.jpg
大晦日は日本食レストランで年越し蕎麦を食べて
友人宅にてシャンパンで年明けを祝い、お雑煮をご馳走になりました。

振り返ると2009年は退職、結婚、渡仏と人生の転機とも言える大きな出来事がありました。
さて今年はどんな一年になるかな。

f0172583_21302059.jpg
元日は家でのんびり過ごし、翌二日は買い物がてらいつものイタリアンレストランへ。
まだクリスマスな雰囲気を残したままの街。
住宅の外壁にもサンタクロースがぶら下がったままの光景もあちこちで見かけました。

f0172583_21323070.jpg
今回はボロネーズを注文。
薄い牛肉の片面だけフライ衣がついており、その上にベーコンととろけるチーズ、
そしてたっぷりのボロネーズがかかっているボリューム満点な料理です。
ボロネーズには生クリームが使われていて、酸味のないまろやかなトマト味。

f0172583_21371557.jpg
お正月らしさの欠片もない我が家の食卓。
せっかくお正月というしきたりから開放されたんだもの、お節なんてハナから作る気ありません。
しかも、豪華にする気もありません・・・通常通りでごめん。

f0172583_21395941.jpg
醤油味のクリーミーチキンパスタ、夫はすごく気に入ってくれたみたい。
実家からかかってきた電話で、カルボナーラの日本風を食べた!と話してるし。
前日もパスタを食べたというのに、お互いすっかり忘れてたけど。

f0172583_21425626.jpg
その日の朝は起床してすぐに出掛けた夫。
帰ってきたその手にはこんな袋が。

f0172583_21481071.jpg
中身はガレット・デ・ロワとかいうお菓子。
フランスではこの時期に食べる習慣があるらしい。
切った断面にフェーヴが見えてしまってた。

f0172583_21435413.jpg
年末年始、いつもとあまり変わらずに元気に過ごしてます。
今年もどうぞ宜しくね。
[PR]
by onenote_fr | 2010-01-04 21:54 | 外出