穏やかに平和に暮らしたい、そんな私の日々の断片(食中心)。結婚して09年4月に渡仏し、ビビリながらの生活風景をありのままに。


by onenote_fr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

久々のお弁当作り

f0172583_1636317.jpg
明日の朝はお弁当を作るぞ!と決めていたので
夜のうちから玉子焼き、いんげんの胡麻和えや人参のグラッセなんかを作っておき
朝炊いたご飯をおにぎりにして7時半に出勤する夫にお弁当を渡しました。
えらいっ、えらいぞ私!!
と自分で褒めなきゃやってられない。

でもどれだけ久々にお弁当を作ったんだろう?
それを考えると褒められるものじゃないなぁ。

f0172583_16401817.jpg
おにぎりにはコレが便利!
ポイントは炊いたご飯に混ぜるだけ。
よくある握った後にふりかけるタイプより便利なんです。
この混ぜ込みタイプなら握れば出来上がり、手に塩をつける手間も無用で
わかめの彩りもきれいだし、栄養価もアップだしね。
こんなに日本からたんまり買ってきたのに今日始めてひとつ開封・・・
便利だというわりに使ってないじゃーん!

そうそう、日本では桜の季節なんでしょ?
テレビのニュースから「トウキョウ、ジャポン」と聞こえたと思ったら
桜を眺める人々、カメラを向けてる人などの様子が放送されていました。
こちらもぼちぼち暖かくなってきて、あと少ししたらピクニックとか出来そうです。
そしたらこの混ぜ込みわかめシリーズのおにぎりをたくさん握って
持って行こうと思ってます♪
[PR]
by onenote_fr | 2010-03-23 16:51 |
f0172583_15585864.jpg
普段作っているホームベーカリーにおまかせの食パンからステップアップして
シナモンロールに挑戦してみましたー!
元となる生地だけ最初に機械まかせで作っておいて
その生地を伸ばしてシナモンとブラウンシュガーを混ぜたものを振りかけ
くるくると巻いて、糸で等分に切り分け、二次発酵させて、オーブンで焼いて
クリームチーズと粉砂糖を混ぜたものを上に塗って出来上がり~♪

ステップアップにしては・・・ハードルが高すぎた・・・
私にはまだ早かったかもね、なんせ難しかったデス!

初めて自分で作ってみるとわかる、シナモンロールの謎たち。
生地自体にも砂糖を入れ、フィリングにも、グレーズにもたっぷりの砂糖!
バターもクリームチーズも使うし、そりゃーカロリーが高い訳だ、納得です。
シナモンロールに塗ってあるあの白いグレーズとやらもこうして作るんだ、と。
(粉砂糖にクリームチーズとほんの少しのレモン汁を混ぜるのです)
パン屋さんで見かけるとついこのグレーズに惹かれて
何度シナモンロールを買ったことか・・・。

なかなか面倒なパンだけど、面白かったのでまた挑戦しようっと。
今回で工程がわかったので次回はもう少し効率良く作れそうかな。

f0172583_1641467.jpg
こちらはトマトリゾット。
半分だけ余ったトマト缶を消費するために昨晩作ったリゾットを夫が気に入って
「お願い、明日も作って~!」と言うもんだから、また新たにトマト缶を使って
玉ねぎ、にんじん、ベーコン、椎茸、にんにくを材料に作りました。
お米はスーパーでリゾット用として売っているもので、
煮込んでも米粒がつぶれない芯のしっかりしたお米です。

リゾットといえばパルメザンチーズが必須?
この前図書館で借りてきたイタリア料理の本でも基本のリゾットの材料として書かれてた。
私が作ったこのリゾットには省略・・・家にパルメザンがなかったから。
で、生クリームを入れてみたらコクが出てトマトの酸味も調和されてなかなか良かった!

料理をすると何かが余り、何かが足りない・・・
毎日それとの戦いなんだよね。
クリームチーズも生クリームも中途半端に残ってるんだよなぁ。
[PR]
by onenote_fr | 2010-03-23 16:25 |
f0172583_6221679.jpg
小さなパリには60数箇所に図書館があり、先週初めてそのひとつに足を踏み入れ
そして登録を済ませて本を借りてきました。

図書館にはCDやDVDも置いてありますが、それらを借りるには年会費が必要のよう。
また、借りた本を三週間という期限内に返さなければ罰金を払う制度だったりします。

この日はフランス語の綴りについての本とイタリア料理の本を選びました。

f0172583_657414.jpg
本といえば、私は神戸元町商店街にある海文堂のカバーが好きです。
文庫本にはこの紺色、少し大きめの本には白色でどちらも帆船のイラスト。
サービスでかけてくれるこのカバーに夫もエシャンジュ相手の仏人女性も
フランスにはないサービスだと、驚いていました。
夫は書店で本を買う時に店員さんが手際よくカバーをかける様子をデジカメで撮り
仏人女性は「フランスの本にはカバーなんてないけど、カバーなんて必要ないわ」と・・・。

f0172583_77617.jpg
昨秋日本へ帰った時に買った文庫本。
この二冊は続き物で、三冊目の続編が日本の書店では並んでいるそう。
私が手にすることが出来る頃には更なる続編が出ているかも?
早く読みたいなー!
[PR]
by onenote_fr | 2010-03-22 07:20 |

ピザ

f0172583_1422213.jpg
ホームベーカリーの生地作りコースでピザ生地を作りました。
ホームベーカリーの元を取るべく、今のところちゃんと使ってます!

ま、失敗もあるけどね・・・そう考えると元を取れるまで遠い道のり?
[PR]
by onenote_fr | 2010-03-22 01:45 |
f0172583_1122852.jpg
先週末のお昼ご飯。
ベーコンとオニオンとチーズの入ったおかず系マフィンです。

今月の夫は毎月曜日に有給をとっているので、三連休。
この前はBHVという東急ハンズチックなお店をのぞいたり
近所を散歩したりのどうってことない過ごし方をしてました。

BHVにいると、あちこちにあるいろんな商品に目移りばかりして
落ち着いてみて回るって事が出来ない私。
特にキッチン用品売り場では、パンを切る電動ナイフを見つけたり
日本製のグローバル包丁を発見、しかもセール価格になってるし!
と、わくわくし通しでしたが即決出来ないタイプなので何も買わずでした。

f0172583_1253784.jpg
パンを捏ねているのは夫です。
いつも私が食パンばかり作っているので、今日は自分でバケットを作る!と
張り切って元となる生地をホームベーカリーで作った後、
自分で捏ねて成形してオーブンで焼いていました。
焼き上がりはまずまずでしたが・・・翌朝になると硬くてとても食べられるものではなく
残念ながらあえなくゴミ箱行きとなりました。
考えてみればプロが作るものだって一日経つと硬くなるもんねぇ。
しかもバゲットなんて、パリならどこででも買えるじゃないの・・・
作る前から内心そう思ってたんだけど、目を爛々と輝かせた夫を止められなくて。
しかし無残なバゲットの姿を前に呆然としている夫もさすがに懲りて
自宅でバゲットを作る事はもうないと言ってました。
(あ~良かった!と胸を撫で下ろす私)
[PR]
by onenote_fr | 2010-03-22 01:35 |

餃子

f0172583_17305752.jpg
市販の餃子の皮を使っての餃子です。
こちらでは餃子の皮は冷凍して売ってるので味の劣化は否めない。
だからとて手作りするのは結構な作業なので、やむなく市販を買うんだけど
小型だから餡がはみ出すし、皮は厚くて硬いから包みにくく、ものすごいストレス!

でも、ストレスを感じるからこそ
それをもくもくとやっつけていく作業が嫌いではないのかも。どんだけM気質・・・
だもんで度々餃子を作りたくなる。夫も餃子が大好きだから大喜びだし。

f0172583_17345760.jpg
さて今回は皮が余ってしまった。
餡が余るより皮が余るほうが使い道に困るよね・・・
[PR]
by onenote_fr | 2010-03-05 17:43 |

発音

f0172583_176665.jpg
エシャンジュ後のお楽しみはレストランでのランチ♪
彼にその日の内容を報告しながら・・・

前回のエシャンジュで「Rの発音が強すぎる!もっと軽~く」と言われた私。
今回は発音を見直そうという事になった。
フランス語はRの発音が難しいけど、そればかりじゃなかった!
E、F、G、J、U が含まれる単語の発音も意外と難しい。
自分ではちゃんと言ってるつもりでも「違う、もっとこう、私の口元を見て」と注意される。

学校に行ってた頃はそういう細かい発音は注意されなくて
巻き舌だろうが、少々間違っていようが、意味があってればOKみたいな感じだった。
大切なのは動詞の活用や文法で発音は二の次だった。
だから今になって指摘されると「私ってこんなにも出来てなかったんだ・・・」と思い知った。

f0172583_1716124.jpg
そんな話をしながら食事。
この日のメインはマッシュポテトにほぐした白身魚を合わせて軽くグリルしたもの。
こういうご褒美的楽しみがあるとまた頑張ろう!という気になるね。
[PR]
by onenote_fr | 2010-03-05 17:26 | 外出

ひなまつり

f0172583_2034623.jpg
雛祭りですね。
2月中頃から飾っていた我が家のかわいい雛人形を夫も義姉も珍しがって眺めていた。
この雛飾りは「外国人の旦那さんにも喜んでもらえるように」と結婚のお祝いに頂いたもので
今春初めてこうしてフランスで飾る事が出来たのでした。

この日、彼からのリクエストでサーモンのお寿司を作りました。
酢飯に白ゴマを混ぜて錦糸玉子を散らし、薄く切ったサーモン、
水にさらした玉ねぎのスライス、マヨネーズ、きゅうりの簡単なちらし寿司でしたが
しっかり雛祭り気分を味わった私たちでした。
f0172583_20173495.jpg

[PR]
by onenote_fr | 2010-03-02 20:18 |

トマトピューレを使って

f0172583_218678.jpg
彼のお母さんから頂いた手作りトマトピューレを使ってトマトソースを作った。
材料は玉ねぎ、にんにく、トマトピューレ、トマトの水煮缶。
作ったトマトソースをキャセロールからフライパンに半量を移し
冷凍のシーフードを加えて温め、バジル入りの塩で味を調えて出来上がり!
ちなみに残りのソースはピザに使う予定。

冷凍とはいえ、しっかり魚介の出汁が効いてなかなか美味しかった♪
こちらのシーフードミックスは、ムール貝が入ってるよ。

f0172583_2115352.jpg
それからスコーンを焼いてみた。
この前、フープロを使って生地作りをして焼いたけどイマイチ残念な出来上がりだったので
今回は丁寧で手で作ったらまずまずの仕上がりに。
ちょっと厚みが足りないのは、型抜きの時に生地を薄くしすぎたせいだな・・・
次回はもっと厚みのあるスコーンを作るぞ。

そうそう、youtubeっていろんな動画があるね!
スコーンを作ってる動画なんていくつもあって面白かったー。
暇な時はyoutube漬けになってる私です。
[PR]
by onenote_fr | 2010-03-01 20:39 |

トースト

f0172583_20205127.jpg
ホームベーカリーで焼いたパンを朝食に。
ふっくらしっとりな食パン作りはまだまだ研究の最中だけど
トーストのある朝食ってなんだか幸せ~♪
[PR]
by onenote_fr | 2010-03-01 20:20 |