穏やかに平和に暮らしたい、そんな私の日々の断片(食中心)。結婚して09年4月に渡仏し、ビビリながらの生活風景をありのままに。


by onenote_fr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

暑い日の料理

f0172583_2484035.jpg
すっかり夏になったフランス。
早い時期からタンクトップやキャミ一枚の薄着の人達に「ちょっとまだ早いよ~」と思っていたけど
今なら「それ正解!」と思えるぐらい暑いです。

そして、いつのまにかマルシェに季節の果物が並んでいた。
寒い時期はバナナとりんごと洋ナシぐらいだったのが、今は苺にさくらんぼにアプリコット、
いろんな種類の桃やネクタリン、そしてメロン。

やっとこさ来たよー、生ハムとメロンの季節が!
美味しく頂くにはやっぱりこの暑さなんだよ。

f0172583_2415368.jpg
夫が「フランスでは夏はサラダをいっぱい食べるんだ」と言うので
「どんなサラダ?わからないから見本に作ってみてよ」と言ってみたらOKしてくれた。

作戦成功!ムフフ

f0172583_24854.jpg
バルサミコ酢を使ったドレッシングで和えたライスサラダ。
具材はトマト、ツナ、コーン、レタス類、ボイルしたじゃがいも、そしてタイ米。
これが癖になる味で二日続けて同じものを作ってもらったよー。
二日目はきゅうりも加え、フライドオニオンをトッピング。

料理中に義父から電話があって「今、料理中なんだ」と話してしまったもんだから
「彼女は怒ってて料理しないの?」なんて言われたらしい。
ちゃんと説明してよ!「僕が つ く り た い か ら 作ってるんだ」ってね。

f0172583_2582516.jpg
私だって料理しました。自慢するほどの料理じゃないのはわかってますよ?
前にスパゲティーと間違えて買ってしまったカッペリーニを使う日がやってきました。
冷たいトマトのカッペリーニ、オリーブオイルと塩コショウのシンプルな味付けで。
いや~、実に簡単手抜き料理でした♪

だけど、いまひとつパンチが足りない味でした・・・
この「パンチが足りない」というフレーズがひそかにお気に入り。
何かを食べ始めるときに言う「頂こうorよばれよう(@関西)」という台詞の次の次の次ぐらいに。

ではでは、今日はこのへんで。
[PR]
by onenote_fr | 2010-06-30 03:03 | 彼の料理

plat du jour

f0172583_205640.jpg
夫の昼休みを利用して二人で一緒にレストランへ行きました。
このレストランは二度目、日替わり定食はスープとメインとワインがセットになってます。
本日のスープは冷製トマトスープ(ガスパッチョ)。

f0172583_255659.jpg
メインは鶏肉料理。皮目はパリッ、中はジューシーな中華チックな味のソースと。
ここのところ我が家は鶏肉料理続きだというのに、それでも食べ飽きないのはやっぱり
プロの手にかかっているからかしら?家庭チックな料理なのにね。

メインがテーブルに来た頃には店内は満員状態。
私たちが時々日本語で話しているのが聞こえたお隣のテーブル客の男性が話しかけてきた。
彼は日本へ行った事があるらしく、夫にどれぐらい日本語を習っていたのかとか尋ねたり
知人のシェフが日本へフランス料理を教えに行ってた話や、東京の満員電車のすごさを
語ったりしていた。駅員さんがこうやって人を押すんだよ、とジェスチャー付きで。笑
同席していた娘さんは「本当?へぇ!」と驚いたり、桜の花について尋ねてきたり。

f0172583_291282.jpg
すっかり話し込んでいて、デザートに付属しているアイスクリームがとけそうだった。
お隣の男性が「おっと、とけてしまうよ!さあ食べて!」と話を中断。
お二人ともこのレストランへよく来るらしく「それ美味しいよ」とも。

f0172583_215471.jpg
こちらは夫が頼んだアプリコットのデザート。詳細不明。
夫はデザートというとたいていフルーツ系を注文する。

f0172583_2165350.jpg
こちらのデザートは実はお隣の女性のもの。
私が思わず「美味しそう~!」と言ったらカメラ貸して、と言って撮影してくれたのだ。笑
男性が「日本人は本当にカメラが好きだね。」なんて言うから「今や世界中の人々もだよ」と言っておいた。
そういう彼らだって食事前にデジカメ出して、親子で撮った写真を見て楽しんでたじゃないの。
反対側のお隣さんも、デジカメ出して料理を撮ってたし。
夫は写真は妻の家族のためなんだ、と説明しておいてくれた。
そこから彼女の家族はフランスへ来た事は?などとまた話が繋がり・・・

結局夫の昼休みを二時間丸々使いきってしまった。
[PR]
by onenote_fr | 2010-06-29 19:00 | 外出

ラザニア

f0172583_15552246.jpg
先週エシャンジュ相手のEさん宅でラザニアを作ったことを夫に言ったら
案の定「僕も食べたい」と言い出したので昨晩作りました。
トマトソースにはズッキーニを加えて。
ベシャメルソースもちゃんと鍋で作って。(電子レンジでも良かったなぁ)

出来上がった時の夫の喜びようをみただけで作った甲斐があったわ。
ってそんな大層な?

夫「明日はお弁当にラザニアを持って行く!!」と張り切っていたのに・・・
それなのに、今朝持って行くのを忘れてるし。

会社に着いてから思い出したらしく、「お弁当忘れました・・・どうしよ?」とメールが。
「持って行こうか?」と返事をすると「まぁいいか、夜に食べましょう。」と返信があったので
「いいよ、お昼頃持って行くよ。」とまた返事すると「喜んで!」と夫。

なので、後ほど出掛けてきまーす。遠路遥遥メトロで45分の旅だぜ。汗
夫にとっては毎日だもんね、お弁当ぐらい届けなきゃだな。はい。

f0172583_161534.jpg


*************** そして、お弁当を届けに行ってきた。 ***************

f0172583_133563.jpg
どこで食べるのか?といいますと、こちらのセーヌの川沿いで。
辺りには一人でバゲットサンドを齧っているサラリーマンやグループで
テイクアウトの昼食を食べている人などで賑わっていました。
やっぱり外で食べるのって気持ちいいな~ 。←ちゃっかり自分のも詰めて持ってきたのです。

f0172583_138490.jpg
近くには船上プール。以前は会社の昼休み(1時間半~2時間)に利用していたそうだ。
話には聞いていたけど、思っていたより大きそうだし私も行ってみたいなぁ。
友達と健康のためにプールへ通おう!って話が出てたんだけど、どこを利用するかで
計画が滞ってしまってたから一応ここは候補だな。
でも、行くぞ!と決めた時にはすでに涼しくなってたりして、ね。

f0172583_1432820.jpg
その後は公園を歩き、緑に囲まれ癒された。
園内は広くて木々ですっかり太陽を遮った涼むのにちょうどよい小道もあった。
木漏れ日がレース編みの模様みたいできれいだったよ。
木立の中はコロボックルでもいそうな雰囲気だった。
[PR]
by onenote_fr | 2010-06-24 16:06 |

残りご飯

f0172583_684939.jpg
平日の昼は私一人なのでたいてい昼食は昨晩の残り。

何もない時はわざわざ作るのも面倒だし、でも何を食べようか?って
冷蔵庫を開けたり閉めたり、ストック棚を探ったり・・・台所を行ったり来たり。
ストックといってもカップラーメンはないし、レトルトカレーもない。
近所にコンビニなんて、ない。ていうか日本のようなコンビニ自体ない。

今日は残りがあってよかった。笑
茄子といんげんと挽肉の炒めものと少しだけ残ってた浅漬けとデザートにさくらんぼ。

何もない日のために、PICARD(冷凍食品専門店)で電子レンジでチン☆するだけの
料理を買ってきておくべきだな、うん。
[PR]
by onenote_fr | 2010-06-23 06:18 |
f0172583_2164637.jpg
エシャンジュ相手のEさんは5月に日本へ旅行してからというもの
すっかり日本の料理に恋してしまった模様。
旅行後の私達のエシャンジュはちょっと小休止して日本食レストランへ行ったり
Eさんの希望で「お弁当を作りたい!」という願いを叶えるべく我が家にてお弁当講習会!笑

初めておにぎりを結んだ彼女は、悪戦苦闘しながらもかわいらしい丸いおにぎりを
なかなか上手に作っていた。
玉子焼きを私が焼いてみせて、レシピを持参のパソコンでメモるEさん。
おかずを詰める作業も結構難しかったみたい。

そして次の週には「ネットでお弁当箱を注文したよ」との報告。
↓こちらは私作。
f0172583_21101341.jpg
日本旅行後の彼女とのエシャンジュは他にも変化がみられた。
例えば、以前なら私が次の言葉を考えならがモタモタと仏語を話していると
わずかにイライラした表情をしていたのが私の中では少し恐怖だった。
ところがEさんが旅行中、あんなに勉強したはずの日本語が全然聞き取れなかったらしく
やっと私の気持ちがわかってもらえたのか、たどたどしい私の仏語にも
優しく見守るような表情になったのだ!!これにはちょっと安堵した私。笑

f0172583_2134058.jpg
お弁当を作った翌週は私がEさん宅へ出向いた。
今回は「フランスでの普段の食事」をリクエストしたら「ラザニア」との事。
ラザニアってイタリアンじゃん!と言ったらフランスでもよく作るんだよ~と。
そういえば日本でだってパスタやら中華やら作るもんねぇ。
本当はフランスならではの普段の料理が知りたかったけど、それはまた次回ということで。

f0172583_2120338.jpg
ではでは、まず最初に玉ねぎと牛挽肉をフライパンで炒めて。

f0172583_21391653.jpg
牛乳、小麦粉、バターでベシャメルソースを。

f0172583_21411051.jpg
ローリエ、ローズマリー、タイムなどのハーブ類をフライパンに加えて。

f0172583_21415697.jpg
トマトピューレやパルメザン、ラザニア用パスタ。

f0172583_21432093.jpg
トマトソース、ベシャメルソース、パスタを重ねて焼いて出来上がり。
実はEさんは普段は料理をしないんだとか・・・せいぜいお菓子作りぐらいなんだって。
いつもは彼氏が料理担当。いいな~♪

さてさて、次回はどんなエシャンジュになるのやら?
[PR]
by onenote_fr | 2010-06-22 21:51 |

編み物、その後

f0172583_17441197.jpg
前の記事で編みかけだったシュシュ、編み間違いやらボロ満載ながら完成。
本での使用糸は「ハマナカウォッシュコットン・クロシェ」というものらしいんだけど
こちらでは入手できないので「MONDIAL COMETA」という毛糸を使いました。
なのでやっぱり出来上がりのイメージが違ったけど・・・
毛糸のラベルに表示されている編み針の号数でなんとなく決めたけど
編み物ほぼ初心者なので、まずクロッシェ用の糸ってのを知らなかったし。

f0172583_1755597.jpg
で、クロッシェ用の糸を買ってきた。
「FIL CROCHET」と書いてあったコットン糸を選んだけど、軋んで編みにくかった!
花モチーフをこれまたいっぱい失敗しながらなんとか数種を編んで繋いでやっと完成。
花びらが一枚足りないのはまだわかる、花びらが一枚多いのはなぜ?みたいな間違いをしたり
長編みやら細編みやらの簡単なはずの編み方を間違えるなんて数え切れず。
でもまぁ完成度低いけど、なんとか形になっただけで満足です。
あっ、本当は仕上げにスチームアイロンで形を整えるらしいのにしてないよ。
アイロンしたらもうちょっとマシになるかなぁ。なるといいなぁ。笑

f0172583_1802810.jpg
お義母さんに私がクロッシェを始めたことを言ったら白いクロッシェ用の糸をくれました。
お義母さんはこの糸で丸いモチーフをたくさん繋げたカフェカーテンを作ってました。
私は早速花モチーフを二つ編んだけど、この糸は若干伸縮性があって編みやすかった!
他の色でも編んでみたいのでまた手芸屋さんへ行かなくちゃ。

秋が近くなったら毛糸でマフラーとかチャレンジするとして今は小物類を練習がてに・・・
っていつまで練習がてらなんだろう?
永遠に練習がてらな気がするよ。
[PR]
by onenote_fr | 2010-06-22 18:11 |

Jamie Cullum in Paris@OLYMPIA

f0172583_1205965.jpg
2010年6月11日、パリ・オリンピアホール。
行ってきました!半年も前から楽しみにしていたジェイミー・カラムのライブへ!!

2DAYSのうちの一日、しかも二階席の端っこという席だったけどチケット購入時は
音さえ聴ければいい、入手出来ただけでもありがたかったというのに
ライブのある6月に入ってからというもの、私たちはとても忙しくて気付いたらその日になっていた。

f0172583_1253019.jpg
会場はオペラ座から歩いて5分もかかならいところ。
会場係りのお姉さんにチップを払って自分達の席につくとなんとまぁステージの遠いこと。
顔の表情なんて見えません・・・音さえ聴ければと思っていたけどやっぱり次は良席で見たいなぁ。
だってやっぱり前方と二階席って盛り上がり方に差があるでしょ?
それでも最後の方になるとJamieのみんな立って!のゼスチャーにのせられ二階席の観客も
全員総立ちで合唱したりと楽しかったです♪

観客は思っていたより年齢層高め(私も含めて笑)で、一人で来ている男性も多かった。
20時始まりで、前座のエミリーという女性ボーカル+アコースティックギター二人が20分。
その後20分ほど休憩があって始まったのは21時前。

JamieのMCは英語だったけど時々フランス語も。
兄弟の方?が飛び入り参加したり、ライブ最後には感動してJamieが感激の涙を流したり
とっても良いライブでした。
私たち夫婦もまた行きたいねと話してるし、その週の義実家へのドライブでの車中は
ずっとJamie CullumのCDをかけてました♪

f0172583_1381443.jpg
物販コーナーで買ったTシャツ、15ユーロなり。
面白かったのは物販で夫がTシャツを買ったのに店員さんに「アリガトウゴザイマシター」と言われ
夫も「ドウイタシマシテー」というやり取りがあり、なぜか周囲に小さな笑いが起こるという・・・

あの日の感動はこちら↓の動画で♪








[PR]
by onenote_fr | 2010-06-16 02:06 | 音楽